こだわりの極意

最高の健康茶「さし草」に首ったけ! 臭いといわれようがやめるわけにはいかない1/2ページ

この緑色にさまざまな成分が詰まっているのです
この緑色にさまざまな成分が詰まっているのです

もう、このお茶に首ったけだ。

沖縄で豊富にある野草の「さし草」を使ったお茶。さし草花茶、それにさし草粉。

今はずいぶん気温が上がってきたので、氷と一緒にさし草粉を適当な容器に入れて、蓋をしめてシャカシャカすれば最高の健康茶の出来上がりだ。

すでにさし草の産地には企業の工場が建ち始めているとのことなので、成分は言わずもがなのお墨付き。

なにしろ、販売する「さし草屋」さんの栄養成分(日本食品分析センター調べ)によれば、食物繊維はゴボウの7・3倍。カリウムはアボカド(生)の5倍。カルシウムは大根(生)の6・9倍。鉄分はほうれん草の(生)の6・8倍などなど。

それよりもなによりも亜鉛がなんとニンニクの8・3倍! とにかくスタミナ勝負の俳優にとって、亜鉛=ニンニクは切っても切れない食材。

周りから臭いといわれようがクレームが来ようが、これをやめるわけにはいかない。そんなニンニクの8・3倍で、しかも、お茶なわけだから臭うわけもなく、もってこいの成分なんです。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  4. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  5. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  6. 妻との凄絶な20年ルポに共感 過食、飲酒依存、認知症…全国紙記者が出版「妻のおかげで見えるものが変わった」

  7. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  8. 【2022年夏・参院選】東西の激戦区 過去最多が出馬の神奈川で元女優「ブレないじゅん子」が訴え 京都では立民・福山前幹事長の牙城に切り込むキャリアウーマン

  9. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  10. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ