ぴいぷる

女優・木竜麻生 実りに実った27歳 「菊とギロチン」で映画賞総ナメ、新潟生まれの注目女優1/2ページ

女優の木竜麻生さん =24日午後、大阪市北区(柿平博文撮影)
女優の木竜麻生さん =24日午後、大阪市北区(柿平博文撮影)
その他の写真を見る (1/4枚)

4年前、初主演し、映画賞を総なめにした「菊とギロチン」(瀬々敬久監督)では、大正時代に実在した女相撲の力士を体当たりで熱演し、邦画界をにぎわした。

「大学の相撲部に毎日通って、四股やてっぽうなど多くの相撲の技術を教えてもらったんです。たくさんけがもしたけど貴重な体験でしたね」

高校時代、新体操の選手として活躍した〝体育会系〟らしい、はつらつとした笑顔を弾かせる。

撮影前の準備は修業のような作業が続く。だが、その苦労も「これまで知らなかった世界を学ぶチャンスを与えてくれるので。だから女優は楽しいです」と目を輝かせる。

公開中の新作映画「わたし達はおとな」(加藤拓也監督)で演じるヒロインももちろん、体当たり。

「映画やドラマなどフィクションの中では、女優として思い切り噓をつく。だからこそ、日常の生活の中ではできるだけ噓をつかないよう心がけてます(笑)」

今作では女優だからこそ味わえるその嘘を十二分に発揮した。

大学生の優実(木竜)は劇団員の直哉(藤原季節)と交際を始める。直哉は将来、自分の劇団を持ちたいと考えていた。そんな彼に優美は妊娠したことを告げるが…。

コンセプトはノット・ヒロイン・ムービー。描かれるのは輝く女性ではない。人生に悩み葛藤する等身大の女子大生だ。

「試写を見ていて、『一体、誰なのか』と思えるほど自分でも見たことのない顔、そして聞いたことのない声だったので驚きました」。恋人のけんかを隣でじかに見ているかのような臨場感に圧倒される。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  4. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  5. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ