ぴいぷる

ディーン・フジオカ 僕と映画と熱い思いと 「いい映画を作るため」常にアップデート 17日公開『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』主演2/2ページ

貧すれば鈍する

日本人の両親を持つ、日本育ち。香港でスカウトされたのを機にモデルになり、その後、台湾、ジャカルタで俳優業や音楽制作をしてきた。アジア以外でも、北米ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」に出演し、活躍の場を広げてきた。

今年公開された映画「Pure Japanese(ピュアジャパニーズ)」では、主演だけでなく、企画、プロデュースにも携わった。ビジネスセンスにたけた人だと感じるが、本人は「自分はビジネスマンではないと感じている」と意外なことをいう。

「企画やプロデュースはビジネスマン的な要素が必要ですが、僕はお金のためにやるわけではないんですよね。なぜ、それをやるのかというのと、〝もっと思想を定着させるため〟という感覚に近いことなんです」

お金もうけありきが過ぎると、作品を作る意味を感じなくなることは、誰しもありそうだ。

「ただ、それはそれとして職業としてはあるべきなんですよね。プロとして。俳優の仕事だったら、ここで泣く、怒るとかを求められたら表現するのが当然のこと。ただ、僕は職業としてのプロデューサーではないので、ビジネスライクにプロジェクトを進めるよりも、どちらかというと、自分の中から込み上げてくるものを何としても成立させるという感覚でやるところがあるんです」

実際にプロデュースをしたことで「こんなに大変なことをやっていたんだと、職業としてやられている方々に対してさらなるリスペクトが生まれました」と敬意を表す。

最近は「(撮影)現場の環境を良くすること」を考えているという。

「現場では温かいご飯を食べたいですよね。いろいろな国で仕事をしてきたとき、現場でシェフがその場で作ったご飯をみんなでおいしいと言って食べる機会があって。予算の問題はありますが〝貧すれば鈍する〟ってあると思うんです。よりいい作品を作りたいですし、そのために必要な環境を作っていきたい」

世界各国での経験を生かし、その場にある問題に気づき、改善したいと考える。もちろん、それは「いい作品を作るため」だ。熱い思いを心に秘めながら、常にアップデートを試みている。

(ペン・加藤弓子/カメラ・飯田英男)

■ディーン・フジオカ 俳優、シンガー・ソングライター。1980年8月19日生まれ、41歳。福島県出身。2004年、香港でモデルの活動をスタート。05年公開の香港映画「八月の物語」の主演に抜てきされ、俳優デビュー。06年に台北へ拠点を移し、ドラマ・映画などに出演。09年には音楽制作の拠点をジャカルタに置き、11年からは日本での活動も開始。15年以降は、東京を拠点にアジアの縦軸で活動している。現在、映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」が公開中。同作品の「最後の錬成」編が24日から公開予定。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  2. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  3. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  4. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  5. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  6. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

  7. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  8. 【玉ちゃんの酔滸伝】ヘトヘトの私を救ってくれた高田延彦さん 「太鼓とは普段よりも10倍ビールがおいしく飲める装置なのだ!」

  9. 大谷、技あり!試合を決める左前適時打 あす11勝目かけ登板

  10. トランプ前大統領に〝スパイ容疑〟機密文書11件を押収 「捜査は不当」と大激怒 「共和党潰し」の声も 「韓国のようで、異例ずくめ」識者

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ