警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識

天文ファン垂涎の6月 水星、金星、火星、木星、土星…7つの惑星が勢揃い 最も見えるのは日の出の30分前1/3ページ

2019年2月に観測されたスーパームーンと、皇居の富士見櫓
2019年2月に観測されたスーパームーンと、皇居の富士見櫓

この6月の中旬からは天文ファンが見逃せない事件が多い。

ひとつは惑星がすべてが勢ぞろいして、まとまってみえることだ。地上から空を見上げて、一度に全てがそろうのは珍しい。前回は2020年7月中旬の明け方だったが、惑星は大きく離れていた。次回が25年2月下旬の夕方だが、やはり互いに離れている。今回はずっと好条件だ。

惑星は太陽のまわりのほぼ同じ平面上を公転しているので、同じ平面上にある地球から見るために、ほとんど直線状になる。

すでに6月はじめから明け方に全惑星が空に集まっている。水星は太陽系の一番内側にあるので、太陽からの見かけの距離(離角)が最大になる6月16日の前後が見つけやすい。それゆえ全体の惑星を眺めやすいのは6月中旬~下旬だ。

最もよく見えるのは日の出の30分前だ。関東地方をはじめ、あいにくの梅雨時だが、東から南東にかけての地平線上だけでも晴れれば見える可能性はある。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  2. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  3. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  4. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  5. エンゼルス大谷の球宴ライバルが負傷退場 ホームランダービーへの参加も期待 「光栄なことなので前向きに考えたいと思う」

  6. 吉川議員にボーナス286万1358円支給 18歳と飲酒疑惑、いまだ説明なく 維新・松井氏「腹が立って仕方がない」

  7. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  8. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  9. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  10. 【日本の解き方】「節電要請」と「ポイント付与」が電力危機への回避策という政府 エネルギー政策遅れのツケ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ