松田聖子、ツアー初日に沙也加さんデビュー曲披露 見守っていた卒寿の実母との物語1/3ページ

ポストセブン
ホテルを後にする一子さん(左)と聖子(中)と聖子の夫(右)
ホテルを後にする一子さん(左)と聖子(中)と聖子の夫(右)

愛娘の死から6か月が経過し、松田聖子(60才)は全国ツアーをスタートさせた。今年3月、聖子はファンクラブの会報誌に《彼女と一緒に歌っていきたい》とコメントしたが、その言葉通り、聖子は沙也加さんとの“共演”を意識していたようだ。その姿を聖子の母も待ちわびていた。一卵性母娘と呼ばれた、3世代の物語。

「20年前、ここで歌ったのがついこの前のよう……今日も一緒に歌ってくれたんじゃないかな……」

ステージ上でスポットライトを浴びた松田聖子が涙を拭いながらそう話すと、さいたまスーパーアリーナを埋め尽くしたファンの目にも涙が浮かんだ。

6月11日、聖子は全国ツアーの初日を迎えた。昨年12月に長女の神田沙也加さん(享年35)が帰らぬ人となってから、初めてのツアー。くしくも会場は、沙也加さんとの思い出が詰まった場所でもあった。沙也加さんは2002年5月にSAYAKA名義で歌手デビュー。彼女にとって初めての舞台が、このさいたまスーパーアリーナでの親子共演だった。

「ちょうど20年前の6月でした。聖子さんのコンサートにゲスト出演した沙也加さんがデビュー曲『ever since』を歌っていると、聖子さんが舞台袖から登場してデュエットを始めたのです。沙也加さんの物おじしないパフォーマンスとは対照的に、聖子さんが涙ぐんでいたのが昨日のことのようです」(観客のひとり)

それから20年。この日、聖子は1万8000人のファンの前で沙也加さんのデビュー曲を歌い上げた。この日のコンサートでは、沙也加さんをしのぶかのような演出もあった。

「お姫様のようなドレスを聖子さんが着て歌うシーンは、ミュージカルのような演出でした。ミュージカルスターだった沙也加さんへのオマージュのようで、会場も大いに盛り上がりました」(前出・観客のひとり)

その華やかさは、ファンの心配を払拭するほどのものだった。聖子はファンの視線を一身に浴び、こう言葉をつないだ。

「娘は天国に旅立ってしまいましたが、私の心の中にはずっと生き続けてまいります」

ファンが涙し、心を震わせた母娘“共演”。この日の様子をじっと見守るもう1人の女性がいた。聖子の母・一子さん(89才)だ。

聖子は1980年、父親の反対を押し切って憧れだった芸能界デビューを果たした。その後ろ盾となり、父親を説得して娘の夢を後押ししたのが、一子さんだったのだ。デビューから4年が経つと、売れっ子になった愛娘の身の回りの世話をするために福岡県から上京。娘が輝き続けるためにと骨身を惜しまない一子さんと聖子は“一卵性母娘”とまで呼ばれるほどだった。しかしデビューから32年が経った2012年、その関係に亀裂が入る。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  5. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  6. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  7. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  8. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  9. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  10. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ