昭和歌謡の職人たち 伝説のヒットメーカー列伝

作曲家・中村八大さん(1) 日本レコード大賞第1号、水原弘「黒い花びら」 新人の受賞は今でも唯一1/2ページ

「八六コンビ」の楽曲でデビューした水原弘
「八六コンビ」の楽曲でデビューした水原弘

作曲家の中村八大さんが61歳で亡くなって、今年で30年になる。

1931年、中国の青島で生まれた八大さんは子供の頃からピアノをたしなみ、聴いた曲は暗譜してすぐに弾いてみせる才能があった。芸大に進む道もあったが、制約の多い音楽教育を嫌い、50年に早稲田大学に進む。

大学では、学費と生活費を稼ぐためにジャズ・コンボでピアノを弾くアルバイトをしていたが、51年に先輩である渡辺晋とジャズバンド、シックス・ジョーズを結成。

ところが、2人の音楽観はまるで違った。八大さんは、渡辺さんの演奏に対しての不勉強ぶりがどうにも気に入らず、言い争うこともしばしばあったそうだ。

僕は、最初に渡辺グループの会社に入ったこともあり、70年後半には渡辺社長自身から、このあたりのいきさつを聞いたことがある。

「確かにプレーのほうはうまくはなかったが、ショーマンシップというか、俺がお客さんの顔を見ながらニコッと笑うと結構受けたんだよ。お客さんに喜んでもらうことが大切なんだよ」

そう語る渡辺社長は、日本の戦後音楽業界のイノベーションに大きく貢献された経営者となったのもうなずける。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  5. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  8. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  9. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  10. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ