北朝鮮が初の女性外相・崔善姫氏を登用 対米強硬の姿勢加速、対日警戒も強化か1/2ページ

ポストセブン
北朝鮮史上初の女性外相となった崔善姫氏(写真/共同通信社)
北朝鮮史上初の女性外相となった崔善姫氏(写真/共同通信社)

北朝鮮の人事刷新で、極東情勢が揺れている。金正恩総書記率いる朝鮮労働党は、6月8~10日に開催された中央委員会総会で、崔善姫第一外務次官を外相に任命した。韓国統一省によると、崔氏は57歳。2018年と2019年の米朝首脳会談で実務の中心を担った米国通で、北朝鮮史上初の女性外相となった。

「海外留学経験もあり、英語と中国語を自在に操る才女です。崔永林元首相の養女とされており、過去には金正恩の英語の家庭教師をしていたという情報もあります。

2007年に通訳として同席した6か国会議で、当時の外務次官(金桂冠)の隣で大あくびをする姿が報じられており、あまりに尊大な態度から権力者の令嬢ではないかという見方は当時からありました。なお崔氏の前任の外相・李善権氏は対韓国政策を担う党統一戦線部長に就きました」(在韓ジャーナリスト)

この人事について、北朝鮮による米国との対話再開の布石と見る報道もあったが、「現実は逆だろう」と話すのは、半島情勢に精通する大韓金融新聞東京支局長の金賢氏だ。

「崔氏の登用で、むしろ対米強硬の姿勢が加速すると見られています。前任の李氏は軍人出身で外交手腕に乏しく、米国をうまく揺さぶることができなかった。今後は対米外交に精通する崔氏を通じて、妥協なき強硬姿勢を正しく伝えていくつもりだとされているのです」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  4. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  5. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  8. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  9. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  10. 妻との凄絶な20年ルポに共感 過食、飲酒依存、認知症…全国紙記者が出版「妻のおかげで見えるものが変わった」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ