2022年夏・参院選

改憲勢力「3分の2」獲得が焦点 参院選あす公示 岩盤保守層「岸田政権離れ」の懸念 茂木幹事長が国民投票に言及1/1ページ

国会で改憲勢力はどこまで増えるのか
国会で改憲勢力はどこまで増えるのか

参院選は22日公示され、7月10日の投開票に向けて選挙戦がスタートする。自民、公明の与党による過半数(125議席)の維持が焦点。ロシアのウクライナ侵攻を受けた外交・安全保障政策や、円安・物価高に対処する経済政策などが問われる。与党に加え、憲法改正に積極的な日本維新の会と国民民主党の「改憲勢力」が改憲の発議に必要な3分の2(非改選を含め166議席)以上を獲得できるのかどうかも注目される。

「選挙後できるだけ早いタイミングで改憲原案を国会に提案して発議を目指したい。これにより国民投票が可能になる」

自民党の茂木敏充幹事長は20日、報道各社のインタビューで、こう語った。岩盤保守層の「岸田文雄政権離れ」が指摘されるなか、支持をつなぎ止めようとした可能性もある。

参院選で、与野党が争う議席は、改選124(選挙区74、比例代表50)と、神奈川選挙区で生じた非改選の欠員補充1の計125。20日現在、選挙区と比例代表を合わせて530人超が立候補を予定している。

今回の参院選で、埼玉選挙区1、比例代表2がそれぞれ増えるため、参院の総定数は248になり、過半数は125。与党は69の非改選議席を有しており、今回56議席を獲得すれば総定数の過半数に達する。与党が参院で過半数割れする「衆参ねじれ」になれば、岸田首相の政権運営が行き詰まるのは必至だ。

改憲の発議に必要な「3分の2」(166議席)も攻防ラインとなる。改憲勢力4党の非改選議席は計83。今回も83議席を獲得すれば、衆院に続いて参院でも3分の2に達し、数の上では発議が可能になる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  4. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  7. 実はスゴい日本の「石炭火力発電」 発電効率の向上と低炭素化、最高水準の微粒子燃焼方式 識者も「世界が日本頼みになるのでは」の見方

  8. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  9. 【2022年夏・参院選】東西の激戦区 過去最多が出馬の神奈川で元女優「ブレないじゅん子」が訴え 京都では立民・福山前幹事長の牙城に切り込むキャリアウーマン

  10. 【軍事のツボ】特別版10 従来の常識を覆すウクライナ戦争からみえてきたこと

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ