新書のきゅうしょ

19世紀末、世界の都市の街角には 20世紀東京の世紀末と二重写しの風景 海野弘著「世紀末の街角」(中公新書、1981年)2/2ページ

1893年に書かれた「株式仲買店員」事件では、現場はロンドンとバーミンガムの二都市にまたがる。強盗をもくろむ二人組の主犯は被害者をバーミンガムで引き留め、仲間がロンドンで被害者になりすました。ロンドンで発行される中央紙がその日のうちに離れたバーミンガムでも読めたことがストーリーのキーになる。仲間がロンドンで逮捕されたことを夕刊を読んで知った主犯は自殺を試みる。

かつてマンチェスターやバーミンガムなどの地方都市文化が繁栄した頃には地方紙が盛んに発行されたが1890年代にはロンドンの中央紙が地方紙を駆逐していく。舞台が転換するようにメディアのフロントで輝く主役が変転していく頃だったことが背景にある一篇。

20世紀末もネットの勃興でメディアのメーンプレーヤーが移り変わった時代。当時、私は広告会社営業職だったが、デジタルが注目を集めるにつれて、その関連業務スタッフは日に日に態度が偉そうになっていった。わからないことを尋ねようものなら鼻でせせら笑う感じ。人は自らが時代の勢いと共にある時、およそ他を顧みないふるまいに及ぶと知ったもの。

ネットの出現で誰もが平等になれるかのような言説があったが、私には全く信じられなかった。 (矢吹博志)

※小欄では品切れ、絶版も含めた新書名作の〝旧書〟をご紹介。気になる書籍は、在庫のある書店や古書店などで〝捜索〟を。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  2. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  3. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

  4. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  5. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  6. 【玉ちゃんの酔滸伝】ヘトヘトの私を救ってくれた高田延彦さん 「太鼓とは普段よりも10倍ビールがおいしく飲める装置なのだ!」

  7. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  8. 大谷、技あり!試合を決める左前適時打 あす11勝目かけ登板

  9. 【エンタなう】オダギリジョーが演じる〝港町のホームレス〟と少年の絆が出色 映画「ぜんぶ、ボクのせい」

  10. 中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ