G7の“対中認識”悪化 台湾侵攻に50%以上の国が警戒 ロシアに対する非難決議の回避、結果的に「脅威」と見なす結果に1/2ページ

領土的野心を隠さない習近平主席(共同)
領土的野心を隠さない習近平主席(共同)

ロシアのウクライナ侵攻を明確に非難しない中国に対し、「協力相手ではなく脅威」と見る人がG7(先進7カ国)で増え、対中認識が悪化していることが21日、G7の「安全保障観調査」で明らかになった。各国のそれぞれ50%以上が台湾を念頭に、中国の領土的野心への警戒感を強め、イタリアを除く6カ国では、「ロシアに対峙(たいじ)しなければ台湾侵攻のリスクを高める」と過半数が回答した。

中国と対立する米国だけでなく、経済を背景に緊密な関係を築いてきた欧州諸国でも対中認識が悪化。「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」(岸田文雄首相)との危機感が日米欧全体に広がりつつある。

ドイツで26日に始まるG7首脳会議(サミット)を前に、世界の代表的な外交・安全保障フォーラム「ミュンヘン安保会議(MSC)」がG7の市民ら計7000人を対象に調査した。日本時間21日夜に公表される。

中国は2月24日の侵攻開始以来、ウクライナの主権や領土を尊重するとしながら、国連安全保障理事会や総会のロシア非難決議案採決で棄権を重ね、プーチン政権を明確に非難していない。

その結果、中国の領土的野心に対する警戒感が強まったかどうか尋ねたところ、いずれの国も50%以上が「強まった」との認識を示した。こうした回答が最も多かったのは日本で58%。

イタリアを除く6カ国では、英国の63%を筆頭に過半数が「ロシアに立ち向かわなければ将来の(台湾)侵攻リスクを高める」と回答した。イタリアは47%だった。

昨年11月の前回調査と比べ、中国を「脅威」と見なす回答も英国を除く6カ国で増加。対中観はイタリアで21ポイント、独仏各12ポイント、日本6ポイント、米国は2ポイントそれぞれ悪化した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  9. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  10. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ