Yes!高須のこれはNo!だぜ

赤坂時代の思い出、包茎手術1日300人秘話 高須クリニック、今年4月から銀座に移転1/2ページ

新しく生まれ変わった高須クリニックをよろしくね(提供写真)
新しく生まれ変わった高須クリニックをよろしくね(提供写真)

東京・赤坂にあった高須クリニック東京院は、今年4月から銀座に移転している。キラリトギンザというビルの11階。ワンフロアをまるまる借りられたから良かったよ。

新しいクリニックの内装デザインについては、高須英津子先生にお任せした。高須家の三男・幹弥の妻で美容皮膚科の専門ドクター。ボクの世代がやると若い人の感覚と違ってきてしまうから、とんがった仕様でもいいから思うようにやってみなさいってお願いしたの。

ボクからは、ウイルスが空気を介して広がる「エアロゾル感染」に対応するための機械を導入したいという要望だけ出させてもらった。スタッフや患者さんを守るために入れておきたかったんだ。

赤坂の国際新赤坂ビルに高須クリニックを開設したのが1981年だから、長いことお世話になった。ビルは再開発計画に伴い、建て替えられる予定だ。さらに巨大な施設ができるのかな。赤坂は昔のような華やかな夜の街というイメージはなくなってきたし、新型コロナウイルス禍のダメージも大きい。再開発で活気が戻るといいんだけどね。

移転先の候補地は他にもいくつかあったんだ。ホテルの中で開業するプランもあってね。交渉は途中までうまく進んでいたんだけど、結局は頓挫してしまった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  8. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  9. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  10. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ