スクープ最前線

米国の「最高機密」日本から流出か 中国空母に採用された最新技術 岸田首相のNATO首脳会議出席に中露が激怒、スパイ防止法の制定急げ1/3ページ

中国は3隻目の空母「福建」を進水させた(共同)
中国は3隻目の空母「福建」を進水させた(共同)

日本周辺が騒然としている。ロシアはウクライナ侵攻を続ける一方、海軍艦艇を日本列島を周回するように航行させている。中国は3隻目となる空母「福建」を進水、ミサイル駆逐艦2隻が宗谷海峡を通過した。北朝鮮はミサイル発射を繰り返し、近く核実験を再開する可能性が取り沙汰されている。中露が、岸田文雄首相によるNATO(北大西洋条約機構)首脳会議出席に激怒しているとの情報がある。事実上、参院選(22日公示、7月10日投開票)に突入した日本を恫喝(どうかつ)するつもりなのか。空母「福建」への機密情報流出の懸念とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情報に迫った。

「官邸が緊張している。中国、ロシア、北朝鮮の3カ国が明らかに〝日本攻撃〟に出てきたからだ。中国による沖縄県・尖閣諸島への上陸や、ロシアによる日本漁船拿捕(だほ)、日本に潜入した北朝鮮工作員による撹乱(かくらん)工作…。何が起きても、おかしくはない。日本は非常事態だ」

外事警察関係者は、こう語った。事実、中国とロシア、北朝鮮の動きは異常だ。以下の通りだ。

■19日、ロシア海軍のウダロイⅠ級駆逐艦など計5隻が、沖縄本島と宮古島の間の海域を抜け、東シナ海へ入った。5隻は、15日に北海道沖から南寄りに移動して、千葉県沖、伊豆諸島を通過し、日本列島を半周するように航行している。

■16日、中国海軍のレンハイ級ミサイル駆逐艦など計2隻が、北海道・宗谷海峡を抜けてオホーツク海に航行した。これらは、中露による「日本威嚇共同作戦行動」だ。

■17日、中国海軍は上海の造船所で、3隻目となる空母「福建」の進水式を行った。同空母は艦載機を発艦させる超ハイテク推進装置「電磁式カタパルト」を搭載する。「台湾・尖閣諸島」強奪の切り札で、日米当局は警戒している。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. ヤクルトの強さとは…古田敦也氏を直撃! 盟友・高津監督はどう変わったのか 三冠王も視野の「村上宗隆はもう抑えられないよ」

  3. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  4. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  5. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  6. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  7. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  8. 【スクープ最前線】中露ブチ切れ!岸田首相のNATO会議出席で「敵」と認定 プーチン氏「サハリン2」強奪で脅迫テロ 中国が仕掛ける「日系企業強奪計画」

  9. 【2022年夏・参院選】「岸田インフレ」猛批判の立憲・泉代表 「生活安全保障」訴え「選挙結果次第で代表交代論浮上も…まさに正念場」伊藤氏

  10. 【2022年夏・参院選】高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ