スクープ最前線

米国の「最高機密」日本から流出か 中国空母に採用された最新技術 岸田首相のNATO首脳会議出席に中露が激怒、スパイ防止法の制定急げ1/3ページ

中国は3隻目の空母「福建」を進水させた(共同)
中国は3隻目の空母「福建」を進水させた(共同)

日本周辺が騒然としている。ロシアはウクライナ侵攻を続ける一方、海軍艦艇を日本列島を周回するように航行させている。中国は3隻目となる空母「福建」を進水、ミサイル駆逐艦2隻が宗谷海峡を通過した。北朝鮮はミサイル発射を繰り返し、近く核実験を再開する可能性が取り沙汰されている。中露が、岸田文雄首相によるNATO(北大西洋条約機構)首脳会議出席に激怒しているとの情報がある。事実上、参院選(22日公示、7月10日投開票)に突入した日本を恫喝(どうかつ)するつもりなのか。空母「福建」への機密情報流出の懸念とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情報に迫った。

「官邸が緊張している。中国、ロシア、北朝鮮の3カ国が明らかに〝日本攻撃〟に出てきたからだ。中国による沖縄県・尖閣諸島への上陸や、ロシアによる日本漁船拿捕(だほ)、日本に潜入した北朝鮮工作員による撹乱(かくらん)工作…。何が起きても、おかしくはない。日本は非常事態だ」

外事警察関係者は、こう語った。事実、中国とロシア、北朝鮮の動きは異常だ。以下の通りだ。

■19日、ロシア海軍のウダロイⅠ級駆逐艦など計5隻が、沖縄本島と宮古島の間の海域を抜け、東シナ海へ入った。5隻は、15日に北海道沖から南寄りに移動して、千葉県沖、伊豆諸島を通過し、日本列島を半周するように航行している。

■16日、中国海軍のレンハイ級ミサイル駆逐艦など計2隻が、北海道・宗谷海峡を抜けてオホーツク海に航行した。これらは、中露による「日本威嚇共同作戦行動」だ。

■17日、中国海軍は上海の造船所で、3隻目となる空母「福建」の進水式を行った。同空母は艦載機を発艦させる超ハイテク推進装置「電磁式カタパルト」を搭載する。「台湾・尖閣諸島」強奪の切り札で、日米当局は警戒している。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  2. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  3. 【定年後 難民にならない生き方】厳しい〝再雇用〟の現実 年収1000万円から200万円台に 早期退職して転職や起業も視野に

  4. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  5. 【検査で助かる!? 脳卒中の危機に挑む】6種類の検査で脳梗塞を未然に防ぐ 高齢者の発症リスク高まる 歌手・あべ静江さんは復帰

  6. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】大河内奈々子が明かした〝華のある〟近況 45歳の誕生日にはボブヘアのショットを披露し「年を重ねてもきれい」の声が相次ぐ

  7. 【ぴいぷる】女優、歌手・島田歌穂 レジェンドは健在なり ミュージカル界のプレーイング・マネージャー

  8. 芸能人〝引き際〟の美学 加山雄三も吉田拓郎も引退宣言 社会的な責任、見せたくても見せられない人も

  9. 大泉洋出演の「鎌倉殿の13人」と「水曜どうでしょう」奇妙な一致 頼朝の落馬の放送日と本人も「死ぬかと思った」と語る「ウィリー事件」が同じとは

  10. 【いまだ輝きは消えず 勝新太郎 時代劇の神髄】緒形拳、石原裕次郎…豪華ゲストが続々出演 「痛快!河内山宗俊」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ