50歳からでも遅くない 男のアンチエイジング術

男の洗顔は潔く!1日1回、純石鹸で 洗顔剤を使えば使うほど〝美肌菌〟は減少1/2ページ

◆洗顔のポイント◆

☆純せっけんを使う

☆よく泡だてて、優しく洗う

☆34度以下のぬるま湯にする

☆洗顔剤で洗うのは1日1回

美しく健康に年を重ねるために不可欠な「メンズ美容」。時間、労力、コストをかけることなく、50歳からでも手軽に始められる「メンズ美容」を毎週月曜日にお伝えしています。

化粧品の管理を行う「薬事法」では、一般化粧品が角質層を超えて奥まで浸透することを禁じています。ですから、どんな効果があるように思える広告でも、どこかに必ず「浸透するのは角質層まで」と明記されています。角質層とは、皮膚の最外層に存在するわずか0・02ミリ程度の層で、私たちの体を細菌や乾燥から守っています。

スキンケアでは角質層のケアが最も大切です。角質層の重要な3大要素は、(1)角質のバリア機能、(2)皮脂膜、(3)美肌菌(表皮ブドウ球菌)です。これらは、肌を弱酸性に保ち、保湿機能を維持し、肌フローラ(肌細菌叢)をいい状態に整え、結果、肌に健康と安全と潤いをもたらしてくれる、ありがたい存在です。しかし、不適切なスキンケアを長期間続けると、これらが正常に働かなくなり、乾燥・敏感肌になってしまいます。

そこで、毎日の習慣で真っ先に見直したいのが「洗顔」です。よくやりがちなのが、皮脂や大人ニキビを気にして1日に何度も洗顔すること。美肌菌は洗顔のたびに洗い流され、約12時間かけて元の状態に戻ります。しかし、1日に複数回、洗顔剤で洗う人は美肌菌が完全には戻りません。つまり洗顔するほど美肌菌は減ってしまうのです。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  7. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  8. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  9. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  10. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ