歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

周りとの差別化、ブランディング能力も抜群 『ミ・アモーレ』以降はアーティスティックに変貌1/2ページ

「TATTOO」の販促用ポスターもセクシーでファッショナブルだ
「TATTOO」の販促用ポスターもセクシーでファッショナブルだ

「ビジュアル・アイデンティティー」という言葉がある。「VI」とも略されるが、これは企業ブランドの価値やコンセプトを可視化したもの。専門家の間では「視覚は人の5感の内の70%以上を支配している」とされている。企業や商品、サービスなどのブランディングを行う上で、最も効果的で、最も認知されやすいものがシンボルマーク、ロゴデザイン、ブランドカラーだという。要するに企業理念・ビジョン、商品の価値を可視化し、社会に伝えることがVIの最大の役割だというわけだ。

しかも、企業ではCI(コーポレート・アイデンティティー)を構築していく上で、VIを用いることが社内の意識統一を図ることになり、強いては組織の活性につながっていくともいわれている。

基本的に「ブランディング」は「ブランド」を形作るためのさまざまな活動を指して使われる。つまり、ある商品を、別の(類似した)商品と区別するための一連の要素ということになるのだが、実は、そのことは中森明菜にも共通した部分が多い。

ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の藤倉克己(現フリー音楽プロデューサー)が、洋楽部のカリスマ・ディレクターから明菜の担当に異動した際に掲げた基本コンセプトが「歌う兼高かおる」「歌謡曲の王道」「チャレンジ」だ。そんな中で出したのが1985年3月の「ミ・アモーレ〔Meu amor é…〕」だった。80年代のアイドルに詳しい音楽関係者に聞いた。

「いわゆる82年組のアイドルで中森明菜が特徴的だったのは、85年を境にガラッと変わったことです。つまりデビューから3年間はアイドル路線が抜けきれなかったのですが、『ミ・アモーレ』以降は一気にアーティスティックに変貌していきました。藤倉さんの描いた通り、作品的にも〝異国情緒路線〟で世界を旅するコンセプトが明確になり、作品に統一感が出たことは確かです。というより、作品自体が明菜の感性にフィットしたのだと思います。しかも、明菜にもともとセルフプロデュースの才能があっただけに、作品のイメージで衣装や振り付けにこだわるようになった。とにかく歌を視覚的にも訴えていく方向に変わっていきましたね。そういう意味で、VIを先取りしていたような部分はあるかもしれません」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  10. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ