保守とリベラル

物価高・日和見外交で岸田首相に逆風 「凪」ではない〝八方美人路線〟で思わぬ落とし穴 元気なのは「改革」旗印の維新1/2ページ

岸田首相(総裁)率いる自民党は参院選で勝てるのか
岸田首相(総裁)率いる自民党は参院選で勝てるのか

今夏の参院選(22日公示、7月10日投開票)では、与党の大勝が予想され、「凪(なぎ)」といわれてきた。焦点は、立憲民主党と日本維新の野党第一党争いぐらいとみられていたが、情勢が変わってきた。

19日行われたフランス国民議会総選挙での「与党大不振」や、岸田文雄内閣の支持率低下に見られるように、「物価上昇」と「ロシアによるウクライナ侵攻での〝岸田八方美人路線〟」が、思わぬ落とし穴となる可能性が出てきた。

冷戦が終わって一世代の年月が流れ、ロシアによるウクライナ侵攻など、従来の「保守(右派)」と「革新・リベラル(左派)」の枠組みでは捉えきれない政治地図が、世界でも日本でも生まれていることを象徴する選挙だといえる。

泉代表
泉代表

ただ、現実に目の前にある状況は、「民主主義」「人権」「市場経済」といった自由陣営の勝利と胸を張って歓迎できるものでなく、世界は混乱の極みにあり、行き過ぎた円安や深刻な少子化に象徴される、経済大国としての「日本の断末魔」が繰り広げられている。

今週の連載では、「危機の本質」と「政界地図の変化」を世界的視野から踏まえて眺めていくが、第1回の本日は、現在の日本の諸政党が世界における政治の常識からいって、どのような位置付けにあるかを明らかにしたいと思う。

与党が参院選で楽勝と言われるのは、岸田内閣が経済社会政策ではリベラル色が強く、しかも既得権益を脅かしたり、反対が一定割合ある政策は避ける路線をとり、野党支持者からもかなり高い支持を得て、左派・リベラル系野党が攻めあぐねていることが主たる理由だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  8. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ