エンゼルス・大谷、大差つけられDH部門で2位 1位はアストロズのヨルダン・アルバレス 米球宴中間発表1/1ページ

昨年の米オールスター戦で笑顔を見せる大谷=2021年7月13日、デンバー(共同)
昨年の米オールスター戦で笑顔を見せる大谷=2021年7月13日、デンバー(共同)

米大リーグ機構は21日、オールスター戦(7月19日・ロサンゼルス)の先発野手を対象としたファン投票の第1回中間結果を発表し、エンゼルスの大谷翔平(27)はア・リーグの指名打者(DH)部門で55万5056票を集めて2位につけた。ヨルダン・アルバレス(アストロズ)が83万5669票で1位。28万613票の大差となった。

大谷は今季、打者として打率・258、13本塁打、37打点、投手として5勝4敗、防御率3・28。アルバレスは打率・311、18本塁打、47打点(記録はいずれも6月20日現在)と打撃成績では大きく差をつけられている。

3位はJ・D・マルチネス(レッドソックス)の30万7706票、4位はダニー・ジャンセン(ブルージェイズ)の29万7484票、5位はミゲル・カブレラ(タイガース)の24万8312票。

投票は2段階で実施され、1次投票は30日まで行われる。各リーグ最多得票の選手は先発出場が決まり、それ以外のポジションの上位2人(外野手は最多で6人)は7月5~8日の最終投票に進む。アはアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)、ナはムーキー・ベッツ外野手(ドジャース)の両外野手がトップに立っている。

大谷は昨季、DH部門1位、先発投手部門でも選手間投票で選ばれ、史上初めて投打の同時選出を果たした。今季もファン投票で選ばれなくても、選手間投票や機構推薦で選ばれる可能性は高い。昨季第1ラウンドで敗退したホームランダービーの出場にも期待がかかる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  4. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  5. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  6. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  7. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  8. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

  9. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  10. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ