79年ぶり年間4度のノーヒットノーラン、打者の工夫のなさが原因か? やられたのはすべてパ・リーグの球団1/1ページ

ノーノ―の山本もヤクルトには苦しめられた=18日、ベルーナドーム
ノーノ―の山本もヤクルトには苦しめられた=18日、ベルーナドーム

79年ぶりとなる年間4度のノーヒットノーランが達成されたが、やられたのはすべてパ・リーグのチームだ。

オリックス・山本由伸投手が18日の西武戦(ベルーナ)で初のノーヒッターを達成。わずか102球(9三振、1四球)で仕留めた。

7勝、防御率1・55と2冠でリーグトップの山本に、パの打者は昨年からやられっぱなし。これには今年の交流戦王者で昨季日本一・ヤクルトのチーム内から「去年の日本シリーズでうちは山本と2回対戦して負けなかった。粘ったり、食らいついたりして、簡単にアウトにならなかった。それを見てなかったのかな?」とパ打者の工夫のなさを嘆く声が挙がっている。

昨年の日本シリーズでヤクルトは、山本に第1戦で6回まで112球(5安打、9三振)を投げさせマウンドから引きずり降ろし、第6戦では9回まで141球(6安打、11三振、2四死球)。ともに1失点も、パでは無敵だった山本を苦しめた。

「日本シリーズの山本は調子が悪かった」と分析するコーチもいたが、ヤクルトの徹底した攻略法はパになかったもの。前出の関係者は「早いカウントから手を出し過ぎる。西武の打撃コーチもいったいどんな指示を出しているんだろう」と首をかしげる。

今季4度のノーヒッターはパが完全試合のロッテ・佐々木朗、ソフトバンク・東浜と山本の3人。セはDeNAの今永だけだが、交流戦の日本ハムが相手だった。近年はいかにバットを強く振れるかが評価されているが、一方で大味な野球となり、その傾向はパの方が強い。

交流戦では初めて2年連続でセが勝ち越し。数年前まではパが圧倒していたが、大きな転換期を迎えているといっていい。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  7. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  8. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  9. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

  10. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ