東京五輪の経費、招致段階の2倍となる約1・5兆円 コロナ禍でチケット収入ほぼ消え…残ったのは根強い「五輪不信」だけ1/1ページ

理事会後に会見を行った橋本聖子会長(左)と武藤敏郎事務総長=21日、都庁
理事会後に会見を行った橋本聖子会長(左)と武藤敏郎事務総長=21日、都庁

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、東京都内で理事会を開き、昨夏に開催された大会の経費が総額1兆4238億円になると最終報告した。

新型コロナウイルスにより史上初の1年延期となったが、招致段階の2013年に東京都がIOCに提出した「立候補ファイル」では、開催経費が7340億円と記載されており、そこからは2倍近い規模に。負担の内訳は組織委が6404億円。東京都が5965億円、国が1869億円となった。

招致段階に示されなかった巨費は大会への不信感を生み、大会経費の枠外でも膨大な公費が投入された。建築資材や人件費の高騰、新型コロナウイルス禍など社会情勢の変化もあったとはいえ、世論には受け入れがたい「膨張」だった。組織委が約3000億円、残りを東京都などが負担する当初の計画も狂い、都外の自治体を含めて支出は増大。費用負担の協議は難航を極めた。

原則無観客で約900億円を見込んだチケット収入はほぼ消え、コロナ対策費がかさんだ中、簡素化と経費削減に一定の成果はあった。しかし祝祭感を欠いた大会は人々の交流や経済効果も薄れた。レガシー(遺産)を明確に見いだせないまま、巨額の「投資」ばかりが浮き彫りとなった。

理事会の冒頭で橋本聖子会長は「レガシーを次世代へつなげていくことが、大会に関わった全ての者に課せられた使命だ」と述べたが、公式報告書でも言及された数々の運営面のトラブルや、巨額の開催経費など、東京大会は国民の根強い「五輪不信」を招いた。

こうした影響は札幌市の2030年冬季五輪招致にも及んでいる。「札幌優位」とされる中、熱気は乏しく、招致関係者は「まず東京大会の清算が必要だ」と指摘した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由

  2. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  3. 【2022年夏・参院選】香川選挙区 自民優勢のウラに〝野党大物2人〟の因縁 強すぎるライバル意識 地元市議「なぜ君たちは共闘できないのか」

  4. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  5. 〝史上最悪〟KDDI通信障害、賠償額は!? 48時間以上続く異例の事態に「危うさ」浮き彫り 再発リスク・補償・自衛策あるか

  6. ジャガー横田一家に「親のしつけが悪すぎる」の声 長男の「寮母の飯がマズイ」発言が物議、夫・木下氏の対応にも批判

  7. 【艶グラドル】MIYABIの趣味はビキニ集め 「ショーツは必ず面積の狭いTバックかブラジリアン」ヒップラインに自信あり!

  8. 野村昭子さん、熱中症で死亡か 自宅寝室で倒れているのを親族が発見

  9. 東京・江戸川区で男性切り付け 現場に神戸山口組の関係者、関与は否定

  10. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ