「田中帽子店」の麦わら帽はなぜ140年以上愛されているのか?1/1ページ

縫製の手間と時間がかかる細麦を使用。王道シルエットの中折れハット「シモン」
縫製の手間と時間がかかる細麦を使用。王道シルエットの中折れハット「シモン」

明治13年に創業し、埼玉県春日部市に工房を構える「田中帽子店」。麦わら帽子を中心とした天然素材の帽子を140年以上作り続けています。現在では安価な海外製品を簡単に手に入れることができる麦わら帽子。それでもなお、田中帽子店の製品が愛され続ける理由は何でしょうか。そこには、代々受け継がれてきた日本の職人らしい“心配り”がありました。今回は、「田中帽子店」が長年愛され続ける理由と共に、産経ネットショップで人気の商品をご紹介いたします。

日本人の頭の形に合わせた型

海外製品や量産の商品と大きく違うところは、日本人の頭に合わせて設計、製造している点です。それが抜群なフィット感と良質なかぶり心地を生み出しています。頭部の形を整えるための型は、創業時から使われているもの。この型を作れる職人も、もう日本にほとんど残っていないそうです。


微調整が可能なサイズ調整テープ

田中帽子店の麦わら帽子には内側の汗止め部分にサイズ調整テープが付いています。これにより1〜1.5cm小さくすることが可能で、「通常のサイズだと頭周りが大きすぎて合う帽子がない」という年配の方にも喜ばれているそう。“使う人のことを考えて見えない部分にも配慮する”という、日本の職人らしい心配りが感じられます。


実用性と時代に合わせたデザイン

麦わら帽子は天然素材の通気性のよさにより蒸れにくく、約90%以上の紫外線をカットできると言われています。その涼しさから、長年多くの農業従事者や子供たちに愛用されてきました。それに加えて、最近では実用品としてだけではなく、ファッションアイテムとしても注目されています。田中帽子店の麦わら帽子は一見シンプルに見えますが、時代の流行を敏感に取り込んだデザイン。どんなファッションにもしっくり合うのが魅力です。

熟練した職人による分業制

製造工程は大きく分けると縫製・型入れ・装飾に分類されます。一定の品質を保持するため、これらの作業は熟練した職人が分業で行っています。また、1つずつ麦わらのささくれを取り除くなど、かぶる人のことを考え、最後まで丁寧に仕上げています。海外製品に比べると高いと感じるかもしれませんが、今もなお昔ながらの製法で丁寧に作り上げていることを思うと、決して高い価格ではないのです。


シモン 麦わら 細麦中折れハット(1万1,000円)

紳士の定番中折れハットは、産経ネットショップでも人気の商品。5cmの短めのツバに前ダウン、後ろアップの計算しつくされた王道のシルエット。数ある中折れハットの中でも、シルエットが美しい通称ボルサリーノ型です。麦わらの中でも最高のフィット感を得られる“細麦”を使用しています。

ラルフ 麦わらつば広中折れハット(1万1,000円)

日本人に似合う帽子を提案する田中帽子店では珍しい、しっかり日除けができるつば広なデザインです。つばが長くても格好よく見えるように細麦を使用。細麦のエレガントさと太めのリボンが紳士のクラシックな雰囲気を演出してくれます。


ハンス 麦わら 鬼麦カンカン帽(1万2,100円)

作務衣や甚平、浴衣などの和装にも合う粋なカンカン帽を、貴重な“鬼麦”を使用して作りました。鬼麦は麦わらを素材として通常とは違った編み方で作られており、鬼の歯のように粗くギザギザしていることからその名が付けられました。凹凸感があることから素材感が出て、無骨な雰囲気を醸し出します。


エンゾ 麦わらポークパイハット(1万1,000円)

奥に向かって楕円型になっており、正面からは細身ですっきり見えるのが特長。見え方が横に広がらないので、シルエットが美しく女性にも人気です。トップの形は平らでカンカン帽に似ていますが、違いは縁に沿うように凹ませた溝。ポークパイハットはどんなスタイルにも合わせることができ、男女ともに愛用者の多いアイテムです。


アーロ 麦わら 細麦ポークパイハット(1万1,000円)

先にご紹介した定番人気のエンゾと同じポークパイ型ですが、エンゾよりも少し高めの作りにしています。その分、リボンも太めのものを使用。また、つばを全体的にアップしています。


アレック 麦わらウエスタン風ハット(8,800円)

つばが長く、両サイドが反り上がったウエスタン風が新鮮なデザインです。2重リングのリボンがデザインのアクセントになっています。アウトドア向けに作られているため、風で飛ばされないよう長さが調節できるあご紐が付いています。釣りやバーベキュー、マリンスポーツなどにもおすすめです。

フィット感のあるかぶり心地や、カジュアルすぎない佇まいで好評の「田中帽子店」の麦わら帽子。実際に手にとっていただくと、田中帽子店の職人さんたちの丁寧な手仕事を感じることができます。

価格はすべて税込み、送料無料(5,000円未満は送料一律500円)。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、5000円以上のお買い物で使える500円オフクーポンが貰えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  5. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  6. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  7. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  8. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  9. 【有本香の以読制毒】電力逼迫、政府の〝錯乱〟が止まらない! ズレた対応に国民は怒りと失笑 「再エネ賦課金」と「EV補助金」やめよ

  10. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ