原巨人が狙う助っ人投手とは 首位ヤクルト追撃へ「左腕」緊急補強 球団幹部は「国内だと厳しいかもしれない」1/3ページ

緊急補強に動いている原監督。
緊急補強に動いている原監督。

首位ヤクルトに9ゲーム差をつけられ独走を許している2位巨人。ここに来て補強に向けた動きを激化させている。狙いは原辰徳監督(63)が熱望する左腕のリリーバー。噂される有力候補とは―。 (片岡将)

16日ぶりの本拠地での試合となった21日のDeNA戦(東京ドーム)は、1―1の8回にセットアッパーを任せられているチアゴ・ビエイラ投手(29)が3四球から2死満塁として神里に左前2点勝ち越し打を許した。今季の課題である終盤の継投でまたも失敗。首位のヤクルトは中日戦で、田口麗斗投手(26)がサヨナラ打を浴びたため9ゲームで変わらなかったものの、これ以上差を広げられるわけにはいかない。

この日から左腕の高木京介投手(32)が2軍から合流。指揮官が「今村と高梨しかいないからね」と頭を悩ませる救援左腕を少しでも手厚くする狙いだ。とはいえ、昨季15試合登板の32歳に苦境の打開を全て託すほど全権監督の判断は楽観的ではない。

実はチームはすでに動いている。球団幹部は「パ・リーグ球団の左のリリーフに声を掛けたが、相手が出してきた交換条件が厳しすぎて成立しなかった。今はどこも左腕を欲しがっている。国内だと厳しいかもしれない」。成立すれば複数人数が動く大型案件だったが、あまりにもハードルが高すぎた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  4. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  5. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  6. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  7. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  8. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  9. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  10. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ