2022年夏・参院選

激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析2/5ページ

立憲民主党からは、2016年参院選でもトップ当選した蓮舫氏ら2人が出馬した。

蓮舫氏は、港区の表参道交差点付近で第一声に臨み、「岸田文雄政権は防衛予算には敏感なのに(日用品などの)値上げには鈍感だ。行財政改革を進め、税金がきちんと正しく使われるように取り組む」と訴えた。

れいわ新選組の山本太郎代表は、JR新宿駅南口で、「皆さんの生活は楽になっていますか? 景気は良くなっていますか?」と呼びかけた。

首都決戦の行方をどう見るか。有馬氏は「残り1席を争う戦いになりそうだ」といい、続けた。

「生稲氏には、安倍晋三元首相らが支援し、組織票も付いている。朝日氏は16年の初当選以来、地盤を固めてきた。蓮舫氏は前回も100万票を超えて盤石だが、1位を維持できるかが焦点だ。公明党の竹谷とし子氏と、共産党の山添拓氏も抜けており、残るは1議席。日本維新の会の海老沢由紀氏と、れいわ新選組の山本氏、ファーストの会の荒木千陽代表が争う構図ではないか」

横浜市や川崎市などの大都市を抱える神奈川選挙区(改選定数4+欠員1)はどうか。

「自民党は地元の菅義偉前首相と河野太郎広報本部長、小泉進次郎前環境相が支援する現職の三原じゅん子氏が盤石だ。旧みんなの党代表の浅尾慶一郎氏も強い。公明党の三浦信祐氏も抜けた。元神奈川県知事で、日本維新の会の松沢成文氏も人気が根強い。立憲民主党は2人擁立したことで票割れの恐れがある」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  4. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  5. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  6. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

  7. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  8. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  9. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  10. 東国原英夫氏が宮崎県知事選出馬へ 「『宮崎が元気がない、盛り上げてくれ』との意見を頂戴している」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ