外食・コンビニ健康法

低カロリーで栄養&ボリューム満点 『完全メシ カレーメシ欧風カレー』2/2ページ

何より驚きなのは、カロリーが471キロカロリーという低さながら、タンパク質が20・9グラムも摂取できるということです。また、塩分は2・7グラムと控えめです。

たとえば『カップヌードルカレー』は1食(内容量87グラム)当たり、422キロカロリー、タンパク質は9グラム、食塩は、4・4グラムですので、カレーメシの栄養バランスのすごさが分かるかと思います。

カップに決められた湯量を入れ、5分待ったあと「完全謎パウダー」と「仕上げオイル」を加えてよく混ぜると、コッテリとした雰囲気の混ぜ合わせたカレーライスが完成します。食べてみると欧風と書かれている通り、玉ねぎの甘みとほどよいスパイスの辛さを感じ、何よりもボリューム満点です。これで栄養バランスが整っているわけで、手軽に食べるにはちょうど良いカレーだと感じます。

カレー粉にはターメリック(ウコン)もしっかり含まれており、最近増えてきた飲みの席の前にさっと食べていけば、飲み過ぎ、悪酔いを防ぎ、栄養バランスも確保されそうです。完全メシを上手に活用したいですね。

■浅野まみこ(あさの・まみこ) 1975年生まれ。管理栄養士。食と健康のコンサルティング会社「エビータ」代表取締役。1万8000件以上の栄養相談の経験を元に「『コンビニ食・外食』で健康になる方法」(草思社)を著し、企業のコンサルティング、テレビ出演、講演活動を行う。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  3. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  4. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  5. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  6. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

  7. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  8. 【玉ちゃんの酔滸伝】ヘトヘトの私を救ってくれた高田延彦さん 「太鼓とは普段よりも10倍ビールがおいしく飲める装置なのだ!」

  9. 大谷、技あり!試合を決める左前適時打 あす11勝目かけ登板

  10. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ