真打 立川志らべ ミニ口先先行一車

松山初日 12Rは四国コンビの逆転に期待! 藤岡に道ができて大逆転1/1ページ

立川志らべ
立川志らべ

今年の高松宮記念杯競輪(GⅠ)は古性優作のVで終わりました。私、古性がタイトルを獲ったレースは今まで全て的中してきたのですが、ついにその流れが途絶えてしまいました。何しろ買ってなかったんで…。

さすがに、その日に独演会がある身としては、決勝の展開予想すらできず。ただ、決勝のメンバーとラインを見て、単騎の選手が勝つだろうなとは思っておりました。小松崎大地が逃げるにせよ、山田庸平が逃げるにせよ、逃げ残るほどの先行力ではないですからね。その上、本番では郡司浩平は北日本分断に出て、「古性さんどうぞ~」という展開。

ただ、あれだけ調子のいい荒井崇博でも、園田匠の差し脚には負けちゃうんだということを思い知らされました。真剣に予想していたら、当てられたかどうか…。今から車券買えないの?

松山ナイター初日のA級特選12Rは埼京コンビが主導権で、すんなりなら2車で直線勝負、ってとこでしょうが、寂しくも渡辺に以前ほどの力がないと感じております。この春に東京に移籍して気合は入ってるはずですけどね。ここは四国コンビの逆転に期待です。四国両者は埼京を追走。福島が2センターで出ていくも、渡辺に振られる。そうすると藤岡に道ができて大逆転! 〔1〕↔〔6〕―〔2〕〔7〕、〔1〕↔〔7〕―〔6〕〔2〕。

松山3日間で、宮杯を買えずに逃した9万円を回収に行くよ!

(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  2. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  3. 【定年後 難民にならない生き方】厳しい〝再雇用〟の現実 年収1000万円から200万円台に 早期退職して転職や起業も視野に

  4. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  5. 【検査で助かる!? 脳卒中の危機に挑む】6種類の検査で脳梗塞を未然に防ぐ 高齢者の発症リスク高まる 歌手・あべ静江さんは復帰

  6. 大泉洋出演の「鎌倉殿の13人」と「水曜どうでしょう」奇妙な一致 頼朝の落馬の放送日と本人も「死ぬかと思った」と語る「ウィリー事件」が同じとは

  7. 芸能人〝引き際〟の美学 加山雄三も吉田拓郎も引退宣言 社会的な責任、見せたくても見せられない人も

  8. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】大河内奈々子が明かした〝華のある〟近況 45歳の誕生日にはボブヘアのショットを披露し「年を重ねてもきれい」の声が相次ぐ

  9. 【ぴいぷる】女優、歌手・島田歌穂 レジェンドは健在なり ミュージカル界のプレーイング・マネージャー

  10. 【いまだ輝きは消えず 勝新太郎 時代劇の神髄】緒形拳、石原裕次郎…豪華ゲストが続々出演 「痛快!河内山宗俊」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ