長期化するウクライナ侵攻 ロシアの戦費は1日2.5兆円の試算も、経済はボロボロ1/2ページ

ポストセブン
“急所”をプーチンに握られている(共同通信社)
“急所”をプーチンに握られている(共同通信社)

ウクライナ国旗の青と黄色の配色は、はるか地平線まで広がる青空と小麦畑を表現しているという。首都・キーウの市場には溢れんばかりの穀物や色とりどりの野菜、生鮮食品が並び、買い求める客の笑顔に、ここが「戦時下」であることを忘れそうになる。だが、この豊穣な大地は、ある男の野望によって囲い込まれつつある。血液のように世界中を巡るこの地域の穀物が支配されれば、人類には破滅的な未来が待っている──。

ロシア軍によるウクライナ侵攻が始まってから、早くも4か月が過ぎようとしている。キーウには、近隣の国に避難していた住民たちが徐々に戻り、不自由ながらも日常生活を送っている。しかし、空襲警報は頻繁に鳴り、6月に入ってからもキーウの鉄道施設などがミサイル攻撃を受け破壊された。2月に出された戒厳令や夜間外出禁止令はいまだに継続中で、街の各所に土のうが積まれ、銃を携えた兵士が警戒を続けている。

アメリカや中国などに続く、世界5位の軍事費をかけるロシアは、ウクライナと比べると圧倒的な戦力を持つ。当初は短期間での占領を目論んでいたが、ウクライナが国を挙げて必死の抵抗を続けたうえに、欧米各国からも強力な支援がなされて戦闘は長期化。欧州の研究機関の試算によると、ロシアの戦費は、人的被害の影響なども含めて1日あたり2兆5000億円を超えるとされる。

プーチン大統領研究の第一人者で、ロシア政府の入国禁止者リストにも載った筑波大学名誉教授の中村逸郎さんが解説する。

「莫大な戦費はもちろん、西側諸国からの経済制裁により、ロシア経済は大混乱しています。ロシア軍も疲弊しており、軍事行動を長くは続けられないでしょう。加えて、破壊し、占領したウクライナの地域を復興させるのにもお金がかかる。ロシアにとっては長引けば長引くほど意味のない軍事侵攻になるんです。そう遠くない未来に停戦合意するなどして終結すると考えています」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  2. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  3. 【定年後 難民にならない生き方】厳しい〝再雇用〟の現実 年収1000万円から200万円台に 早期退職して転職や起業も視野に

  4. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  5. 【検査で助かる!? 脳卒中の危機に挑む】6種類の検査で脳梗塞を未然に防ぐ 高齢者の発症リスク高まる 歌手・あべ静江さんは復帰

  6. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】大河内奈々子が明かした〝華のある〟近況 45歳の誕生日にはボブヘアのショットを披露し「年を重ねてもきれい」の声が相次ぐ

  7. 芸能人〝引き際〟の美学 加山雄三も吉田拓郎も引退宣言 社会的な責任、見せたくても見せられない人も

  8. 大泉洋出演の「鎌倉殿の13人」と「水曜どうでしょう」奇妙な一致 頼朝の落馬の放送日と本人も「死ぬかと思った」と語る「ウィリー事件」が同じとは

  9. 【ぴいぷる】女優、歌手・島田歌穂 レジェンドは健在なり ミュージカル界のプレーイング・マネージャー

  10. 【いまだ輝きは消えず 勝新太郎 時代劇の神髄】緒形拳、石原裕次郎…豪華ゲストが続々出演 「痛快!河内山宗俊」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ