日本の解き方

金融政策による為替維持は国内雇用を犠牲にする手段 「国際常識」から逸脱している1/2ページ

日本銀行本店=東京都中央区
日本銀行本店=東京都中央区

日銀は17日の金融政策決定会合で、今の大規模な金融緩和策を維持することを決めた。具体的には、現行の長短金利操作付き量的・質的金融緩和の維持を賛成多数で決め、長期金利をゼロ%程度に抑えることとした。

賛成は、黒田東彦(はるひこ)総裁、雨宮正佳副総裁、若田部正澄副総裁、鈴木人司委員、安達誠司委員、中村豊明委員、野口旭委員、中川順子委員。片岡剛士委員は、コロナ後を見据えた企業の前向きな設備投資を後押しする観点から、長短金利を引き下げることで、金融緩和をより強化することが望ましいとして反対した。

この点について、岸田文雄首相は19日午前のテレビ番組で、円安抑制に向けて日銀の金融緩和政策を転換するべきだとの意見に対し、中小企業の金利負担への影響も考慮する必要があると述べ、「現状においては変えるべきではない」と述べた。

先進国の中央銀行と政府の関係については、「手段の独立性」はあるが、「目標の独立性」はないというのが国際常識だ。つまり、インフレ目標は政府と日銀で共有するが、その達成のための手段は中央銀行に任せて政府から口出ししない。この観点からすると、岸田首相の言い方には問題があり、日銀に任せているが、と前置きすべきだった。

また、これも国際常識なのだが、変動相場制の国では、金融政策を為替のために使ってはいけない。国際金融のトリレンマ(三すくみ)として、①自由な資本移動②固定相場制③独立した金融政策―のうち2つだけしか受容することができない。

民主的な先進国では、①の自由な資本移動が大前提なので、②の固定相場制か、③の独立した金融政策の二択になる。ここで、③の独立した金融政策を、国内雇用の維持のために選ぶのが、変動相場制だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  2. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  3. 【定年後 難民にならない生き方】厳しい〝再雇用〟の現実 年収1000万円から200万円台に 早期退職して転職や起業も視野に

  4. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  5. 【検査で助かる!? 脳卒中の危機に挑む】6種類の検査で脳梗塞を未然に防ぐ 高齢者の発症リスク高まる 歌手・あべ静江さんは復帰

  6. 芸能人〝引き際〟の美学 加山雄三も吉田拓郎も引退宣言 社会的な責任、見せたくても見せられない人も

  7. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】大河内奈々子が明かした〝華のある〟近況 45歳の誕生日にはボブヘアのショットを披露し「年を重ねてもきれい」の声が相次ぐ

  8. 大泉洋出演の「鎌倉殿の13人」と「水曜どうでしょう」奇妙な一致 頼朝の落馬の放送日と本人も「死ぬかと思った」と語る「ウィリー事件」が同じとは

  9. 【ぴいぷる】女優、歌手・島田歌穂 レジェンドは健在なり ミュージカル界のプレーイング・マネージャー

  10. 【いまだ輝きは消えず 勝新太郎 時代劇の神髄】緒形拳、石原裕次郎…豪華ゲストが続々出演 「痛快!河内山宗俊」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ