復調のロッテ・佐々木朗希、やっぱりパ・リーグがいい? 交流戦ではセ・リーグの阪神、巨人、DeNAを相手に勝ち星なし2/2ページ

井口監督も打者2巡目からバッテリーが変化球主体の配球に組み立てたことに「球数を極力減らしながら長いイニングを投げられた。1日、1日しっかり修正してアップグレードしながら投げられている」と評価。カーブやスライダーを効果的に織り交ぜ、ノーヒットノーランを今季2度食らった打線を手玉に取った。

辻発彦監督(63)は前回対戦時(4月3日)の8回13奪三振1失点で抑えられたときの比較を聞かれるも「前のは忘れました!」と苦笑い。3回まで50球を投げさせて揺さぶる作戦も実らず「彼も球種が増えて(前回よりも)ずっと進化している」と、またもお手上げだった。

これでオリックス・山本に勝ち星で1差、防御率は1・55で0・01差。1位の奪三振は114で28差をつけ、投手3冠もみえてきた。 (山戸英州)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  2. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  3. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

  4. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  5. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  6. 【玉ちゃんの酔滸伝】ヘトヘトの私を救ってくれた高田延彦さん 「太鼓とは普段よりも10倍ビールがおいしく飲める装置なのだ!」

  7. 大谷、技あり!試合を決める左前適時打 あす11勝目かけ登板

  8. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  9. 【エンタなう】オダギリジョーが演じる〝港町のホームレス〟と少年の絆が出色 映画「ぜんぶ、ボクのせい」

  10. トランプ前大統領に〝スパイ容疑〟機密文書11件を押収 「捜査は不当」と大激怒 「共和党潰し」の声も 「韓国のようで、異例ずくめ」識者

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ