國友公司 実録・人間劇場

トーキヨー路上・金稼ぎ編(2) 「空き缶拾い」の〝マル秘〟テクニック 日給7000円目指せるが、条例違反のリスクも1/2ページ

夜通し空き缶拾いをした明け方4時、大雨が降ってきた。私はあまりの無情に涙を流した
夜通し空き缶拾いをした明け方4時、大雨が降ってきた。私はあまりの無情に涙を流した

ホームレスの稼ぎ口として代表的である「空き缶拾い」は現在、その保管の困難さから、高架下や河川敷に小屋を構えている一部のホームレスの特権のような存在になっている。ゆえに、段ボール片手に路上を転々としていた私は空き缶を拾うことができなかった。

朝になるとその場から立ち退き、どこかで夜を待たなければならない路上の生活は非常に不便だ。私はホームレス生活が1カ月半を過ぎたあたりでたまらずテントを購入し、荒川の河川敷に引っ越しをした。ここなら路上と違い、一日中寝床を構えることができ、拾った空き缶を保管しておくこともできる。

ようやく、空き缶拾いをする権利を得たわけだが、実際にやってみるとこれが絶望を味わうほどにつらく孤独な仕事であった。白内障で片目の視力のほとんどを失ったドヤ街・山谷(東京都台東区)のベテランホームレスは、「1日に40キロの空き缶を集める」と言った。当時、アルミの値段は1キロ=約180円。日に約7000円を稼いでいることになる。しかし、その稼ぎを実現するには知識と経験が必須だ。数日間、涙を流しながら空き缶を拾った身から、そのポイントを伝授したいと思う。読者のみなさまの役に立つ日が来るかどうかはわからないが…。

まず肝に銘じておきたいのは、東京23区ではその区によっては空き缶を拾う行為そのものが条例違反になるということだ。例えば、墨田区では区のホームページに条例違反になる旨が明記されているが、台東区では空き缶拾いを取り締まる条例はない。墨田区でも空き缶を拾っているホームレスは当たり前のようにいるが、リスクを減らすためには条例違反は避けたいところだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  9. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  10. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ