男のみ・だ・し・な・み

暖簾を撮り歩く いい店のデザインはシンプルだ 美しいデザインに接することでセンスや粋の磨き方の勉強に1/2ページ

私は週に2日仕事を忘れ写真を撮りながらの街歩きを楽しんでいる。写真のテーマは家や会社・商店などの玄関先や店頭に飾られた動物たち、車に押しつぶされた路上の空き缶(ゴミ箱が整備されたこととポイ捨てが少なくなったこともあり近ごろは1カ月に1、2個しか見つからない)、ビル工事中のクレーンと青空の光景、蔦にからまった家、庭に咲く季節の花という具合に長年撮り続けたきたテーマは多い。

1年ほど前から夢中になっているのが暖簾(のれん)だ。ご存じの通り暖簾は店の入り口に掲げられている店の顔といえるもの。

平安末期の保延年間(1135~1141)の『信貴山縁起』に描かれているのがいちばん古い暖簾といわれている。暖簾は当初日光や雨風を防ぐ役割や外からの目隠し、結界だったが普及するにつれ商店が店を開けると掲げ、閉店すると仕舞うことで営業の目印となり、時代とともに商店の信用や格式を表すものとなった。

不祥事などで店の信用や名声を失うと暖簾に傷がつく、廃業になると暖簾をたたむとか暖簾を下ろすと言い、奉公人に同じ屋号の店を出すことや使うのを認めるのを暖簾分けと表現する。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. 【2022年夏・参院選】「岸田インフレ」猛批判の立憲・泉代表 「生活安全保障」訴え「選挙結果次第で代表交代論浮上も…まさに正念場」伊藤氏

  3. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  4. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  5. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  6. 【2022年夏・参院選】高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール

  7. 【スクープ最前線】中露ブチ切れ!岸田首相のNATO会議出席で「敵」と認定 プーチン氏「サハリン2」強奪で脅迫テロ 中国が仕掛ける「日系企業強奪計画」

  8. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  9. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】テレビの「存在感」が大きく変化 街頭からスマホの時代へ

  10. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ