「慢性腎不全」治療最前線

透析を遅らせるための食事療法 カロリー抑え、タンパク質と塩分の摂取を控える2/2ページ

またカルシウムは骨密度を維持する上で不可欠な成分なので、これも単に取らなければいいというものではありません。

一方でアルコールについては、それ自体が腎臓に直接的にダメージを及ぼすという物ではないので、糖尿病でカロリー制限がかかっている人でなければ、「適量まで」の条件付きで飲むことは可能です。とはいえ、適量で止めるには強い自制心が必要ですし、お酒を飲んでいるといろいろと食べたくなるものなので、飲まずに済むなら最初から飲まないほうが安全でしょう。

このように、腎臓の病気には「制限」が付きまとうことから、患者さん本人はもちろんですが、その家族にも手間を取らせることになります。

ただ、腎代替療法を必要とするレベルに腎機能が低下することを遅らせるための治療技術は向上しています。特に糖尿病は、一昔と比べて病気のコントロールが上手にできるようになっており、腎代替療法への移行時期が遅くなる傾向になっています。

主治医とのコミュニケーションを密に取り、病気の進行を少しでも遅らせるように努力してください。 (構成・長田昭二)

■中元秀友(なかもと・ひでとも) 1983年、慶應義塾大学医学部卒業。日本鋼管病院、足利赤十字病院勤務を経て、現在、埼玉医科大学病院総合診療内科診療部長・腎臓内科教授。日本透析医学会、日本腎代替療法医療専門職推進協会理事長。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 東出昌大「独立後の初主演映画」女性連れ込みで事務所解雇の契機になった作品だった

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  3. 【政界マル秘紳士録】林芳正外相 戦後どの外相も経験のない難局に挑む「困ったときの林さん」 経歴からすれば「親中派」というより「親米派」!?

  4. 【日本の解き方】岸田首相の内閣改造の特徴は「オレ流・脱安倍・昭和人事」〝古き良き時代〟のやり方、喜んでいるのは中国と財務省だけ

  5. 〝中露謀略〟岸前防衛相がウクライナを非難するかのようなツイッター投稿を捏造…中国語投稿者が協力 原発に絡めて日本の政治家が標的か

  6. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  7. 【日本復喝!】中国による「ステルス一帯一路」の罠 大阪港が危ない!武漢新港との「パートナーシップ港提携」めぐり物議、府議会からも懸念の声

  8. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

  9. 『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以

  10. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ