ぴいぷる

歌手・坂本冬美「演歌が私の『家』なんです」 最新シングル「酔中花」発売中 東京・日本橋浜町の明治座で座長公演 動画投稿でも注目3/3ページ

それに対し、マネジャー氏が「最新のカメラって難しいじゃないですか」と抗弁する姿を「また言ってますね」と笑顔で見守っている。そんなチームの仲の良さが動画からも伝わってくるのだ。それは、カメラの性能だけではないだろう。

シングルCDでも、コンサートや舞台でも、そして動画でも、そこには必ず「歌」がある。坂本冬美にとって「歌」とは何なのか。

「うーん、そうねえ」と少し考えた後、訥々と話し始めた。

「今までは歌うことが当たり前でした。ステージに立つことも当たり前。でも、コロナ禍があって、この2年で歌えることのありがたさを感じるようになって。歌い手って、本当に幸せな仕事です。改めて、私には〝歌しかない〟って再認識しています」

デビュー当時、東京・新宿コマ劇場でみた大先輩、島倉千代子の舞台。そのとき島倉が歌った「生きた愛した唄った」の歌詞が頭から離れないという。

「〝私には歌がある〟というフレーズがあるんです。そのときの私は『確かにそうだけど…』という思いでした。まだ、その意味が本当には分かっていなかったんですね。デビューから35年がたって、今まで走り続けてきて、コロナ禍も経験して、今は私もそうだって実感しているんです」

だから、これからも歌い続ける。

■坂本冬美(さかもと・ふゆみ) 歌手。1967年3月30日生まれ、55歳。和歌山県出身。86年に作曲家の猪俣公章氏の内弟子となり、87年に「あばれ太鼓」でデビュー。88年から昨年までNHK紅白歌合戦に通算33回出場している。94年の「夜桜お七」がロングヒットとなり、96年の紅白は同曲で初の紅組トリを務めた。2002年に約1年間休業するが、09年にはポップス系の「また君に恋してる」、20年には「ブッダのように私は死んだ」がヒットした。9月20日からの東京・日本橋浜町の明治座公演は石井ふく子さん演出の舞台「いくじなし」と歌謡ステージの2部構成。

ペン・福田哲士 カメラ・松井英幸

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  2. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  3. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

  4. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  5. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  6. 【玉ちゃんの酔滸伝】ヘトヘトの私を救ってくれた高田延彦さん 「太鼓とは普段よりも10倍ビールがおいしく飲める装置なのだ!」

  7. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  8. 大谷、技あり!試合を決める左前適時打 あす11勝目かけ登板

  9. 【エンタなう】オダギリジョーが演じる〝港町のホームレス〟と少年の絆が出色 映画「ぜんぶ、ボクのせい」

  10. トランプ前大統領に〝スパイ容疑〟機密文書11件を押収 「捜査は不当」と大激怒 「共和党潰し」の声も 「韓国のようで、異例ずくめ」識者

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ