日本の解き方

金融緩和への奇妙な反対論 マスコミではいまだ「日銀理論」の信奉者、デフレの責任回避の背景も1/2ページ

デフレ脱却のための金融緩和政策については、かつて日銀内にも否定する声が強くあった。ここにきて「円安の副作用」を批判する声もあるが、こうした反対論は筋が通っているのか。

かつて日銀内には、いわゆる「日銀理論」があった。これは、1990年代前半の「岩田・翁論争」で明らかになったものだ。当時学者で後に日銀副総裁になった岩田規久男氏と、当時日銀官僚だった翁邦雄氏の間で行われた。

岩田氏はマネーサプライ(通貨の供給量)の管理は可能としたのに対し、翁氏は「できない」と主張した。論争は、経済学者の植田和男氏が「短期では難しいが長期では可能」といい、一応収まった。

2000年代に入ると、日銀はマネタリーベース(中央銀行が供給する通貨量)の量的緩和政策を採用し、リーマン・ショック以降は世界の中央銀行でも量的緩和政策を導入したので、基本的には岩田氏の主張の通りだった。

日銀は白川方明(まさあき)総裁体制で量的緩和を否定していたが、黒田東彦(はるひこ)総裁体制になって再び量的緩和政策を実施することとなった。そもそも日銀理論は、金利は操作できるが量は操作できないというが、量と金利は裏腹という経済理論から見れば奇妙奇天烈なものだった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  2. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  3. 【定年後 難民にならない生き方】厳しい〝再雇用〟の現実 年収1000万円から200万円台に 早期退職して転職や起業も視野に

  4. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  5. 【検査で助かる!? 脳卒中の危機に挑む】6種類の検査で脳梗塞を未然に防ぐ 高齢者の発症リスク高まる 歌手・あべ静江さんは復帰

  6. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】大河内奈々子が明かした〝華のある〟近況 45歳の誕生日にはボブヘアのショットを披露し「年を重ねてもきれい」の声が相次ぐ

  7. 芸能人〝引き際〟の美学 加山雄三も吉田拓郎も引退宣言 社会的な責任、見せたくても見せられない人も

  8. 大泉洋出演の「鎌倉殿の13人」と「水曜どうでしょう」奇妙な一致 頼朝の落馬の放送日と本人も「死ぬかと思った」と語る「ウィリー事件」が同じとは

  9. 【ぴいぷる】女優、歌手・島田歌穂 レジェンドは健在なり ミュージカル界のプレーイング・マネージャー

  10. 【いまだ輝きは消えず 勝新太郎 時代劇の神髄】緒形拳、石原裕次郎…豪華ゲストが続々出演 「痛快!河内山宗俊」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ