有本香の以読制毒

国民の命より〝反原発〟か 省エネ大国で「節電ポイント」の愚策 世界でダントツの産業用電力料金、エネルギー政策を参院選の争点にせよ2/3ページ

日本は世界に冠たる省エネ大国なのだ。われわれは世界で最も効率よくエネルギーを使って経済を回している。現在のこの成果は、近年の政府の策が当を得たためではなく、民間の努力のたまものだ。

第1回物価・賃金・生活総合対策本部で発言する岸田文雄首相
第1回物価・賃金・生活総合対策本部で発言する岸田文雄首相

官房長官の頭を悩ます冷蔵庫を例にあげれば、日本の同じメーカー、同じ容量の冷蔵庫の消費電力が、2006年からの15年間で3割も削減されている。06年時点でも、日本メーカーの家電の省エネ設計は世界最高レベルだったものを、さらに3割も減らした。

「文句あるか、と言いたくなるほどの努力ですよ」

日本の大メーカーで経営の一翼を担う筆者の知人は苦笑する。民間企業のこうしたたゆまぬ努力に、比肩できるほどの仕事をしたと胸を張れる政治家が、永田町にどれほどいるのか。

一方、産業遺産情報センター長で、古今の日本の製造業に詳しい加藤康子氏によれば、日本の産業用電力料金は世界でダントツに高く、先進諸外国と比べても2倍近い額だという。これでは、いくら円安が進んでも日本のメーカーは国内に工場を戻すことができない。

「地元が広島」をことさら強調し、核に関することはことごとく「NO」を明言する岸田首相に謹んで申し上げたい。

かつての日本政府が、原子力基本計画を制定したのは昭和30(1955)年。広島と長崎に原爆が投下され、日本中が焼け野原となった敗戦から、わずか10年後のことだった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  3. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  4. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  5. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  6. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  7. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

  8. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  9. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  10. 【玉ちゃんの酔滸伝】ヘトヘトの私を救ってくれた高田延彦さん 「太鼓とは普段よりも10倍ビールがおいしく飲める装置なのだ!」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ