「慰霊の日」に中国爆撃機が沖縄飛来 公船の領海侵入も 空自機が緊急発進 まるで「飽和状態」の事態、G7とNATOの首脳会議に圧力か2/2ページ

自由主義の盟友である台湾も緊張していた。

台湾国防部(国防省)によると、中国軍の戦闘機J16や、H6爆撃機など軍用機計22機が23日、台湾南西部のADIZに進入した。一部はバシー海峡を越えて台湾の東海域の上空まで飛行。21日にも、計29機の中国軍機が侵入したばかりだ。

なぜ、このタイミングで中国の動きが激しくなったのか。

岸田首相は26日にドイツでのG7(先進7カ国)首脳会議に出席した後、29日にはスペインで開かれるNATO(北大西洋条約機構)首脳会議に出席する。NATO首脳会議では、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対抗姿勢とともに、中国の軍事的台頭へのNATOの毅然(きぜん)とした立場を初めて示す方向とされる。

軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「中国としては、G7とNATOの首脳会議に圧力をかけるため、一段と激しい牽制(けんせい)に動いたのだろう。中露艦隊の日本列島周回は、昨年の衆院選と同様、中露の利益になる政党を支援する目的で行われた可能性がある。台湾のADIZ進入は、『いつでも台湾有事を起こせる』とする予行演習のようなものだ」と分析している。


健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. トランプ前大統領に〝スパイ容疑〟機密文書11件を押収 「捜査は不当」と大激怒 「共和党潰し」の声も 「韓国のようで、異例ずくめ」識者

  2. 最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」

  3. 「完全食」の栄養と味の両立、どこまでパーフェクト? ジャンクフードに見えるけど… 夕刊フジ記者が実食 専門家「何か加えるなら食感あるものを」

  4. 【シニアライフよろず相談室】介護とお金(3) 要介護認定で障害者控除が受けられる可能性 認定基準などは自治体によって異なるので要注意

  5. 【芸能ニュース舞台裏】三宅一生さん死去 特徴的だったテレビ報道〝街の声〟収録場所は「表参道」

  6. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  7. 【BOOK】サブカルチャーはメディアで語るべし 映画監督・押井守さん「押井守のサブぃカルチャー70年」

  8. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

  9. 韓国側、岸田首相の顔に泥か!? 朴外相「日本政府も誠意を持って前向きに応じる」 元徴用工問題めぐり都合のいい情報流れる

  10. 【大前研一のニュース時評】「きまじめな大統領」ラモスさんとの思い出 独裁政権を打倒した民主化革命の立役者

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ