2022年夏・参院選

東西の激戦区 過去最多が出馬の神奈川で元女優「ブレないじゅん子」が訴え 京都では立民・福山前幹事長の牙城に切り込むキャリアウーマン1/2ページ

三原氏は、選挙戦での全力疾走をアピールした=22日、横浜市内
三原氏は、選挙戦での全力疾走をアピールした=22日、横浜市内

「7・10参院選」には、過去最多181人の女性が立候補している。全体に占める割合も33・2%と過去最高だ。女優や文化人、キャリアウーマンなど、さまざまな分野で輝いてきた女性候補が支持拡大を訴えている。「東西の激戦区」である神奈川選挙区(改選定数4+欠員1)と、京都選挙区(改選定数2)で戦う2人を取材した。

「がん対策が充実するまで、やり続けなければならない」「誰かが立ち止まっていたら、『何がお困りですか』『一緒に歩いていきましょう』と手を差し伸べる政治家が1人くらいいてもいい」

楠井氏(中央)には、維新の吉村副代表(右)、国民民主党の前原誠司代表代行も応援に入った=22日、京都市内
楠井氏(中央)には、維新の吉村副代表(右)、国民民主党の前原誠司代表代行も応援に入った=22日、京都市内

自民党現職の三原じゅん子氏(57)は、神奈川県内での街頭演説でこう訴えた。元女優だけに知名度抜群で、多くの聴衆が集まった。

3期目を目指す選挙戦。不妊治療への保険適用や、こども家庭庁創設などの実績に加え、安全保障政策、景気対策なども幅広く訴えている。

神奈川選挙区には、過去最多22人が出馬した。

それだけに、「全国で一番難しく、厳しい選挙区だと知っていただきたい」「毎日毎日18日間、倒れても倒れても、何度でも立ち上がって走り続ける」と語った。

22日の出陣式には、地元選出の菅義偉前首相や小泉進次郎県連会長、歌手の麻倉未稀氏らも駆け付けた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  2. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  3. 【2022年夏・参院選】愛媛選挙区 立民・高見知佳氏、自民現職の閣僚経験者・山本順三氏と一騎討ち 元女子アナ議員が支援にフル稼働

  4. 新興勢力が〝ユニークな選挙戦〟 「ガーシー」はショート暴露、「ごぼうの党」は天狗の面で独特な方針示し SNS、政見放送を駆使

  5. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  6. 【列島エイリアンズ】カモられる外国人編(4) 入管法の違反行為を堂々とアドバイス…事実と異なる業務で就労ビザ申請 面接企業のサクラも要請

  7. NHKドラマ、リアルよりファンタジーが主流に?“死者復活”のテーマも登場

  8. 元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド

  9. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】出会った男たちを狂わせる主人公の名美 主演を境に俳優として開花した竹中直人 「天使のはらわた 赤い眩暈」

  10. 【芸能ニュース舞台裏】田中聖容疑者は「第二の田代まさし」か 「売人はあの手この手で接近…」社会復帰後が〝クスリ断ち〟の試練のとき

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ