宝田もなみ バイブスあがってる?

「AV新法」で守られるものって一体なに? セックスワーカーも差別される人種なのだと改めて思い知った1/2ページ

宝田もなみ
宝田もなみ

6月15日に国会で可決されたAV新法の影響で急いで契約書を書く日々が続いている。出来上がった契約書にサインするだけの女優に比べて、契約書を作ったり撮影の予定を組んでいる制作メーカーの方々は本当に大変だろうと思うけれど、それにしても働いている私たちがよくわからぬまま、あれよあれよと法律が決まってしまったなあという感じがする。被害者女性を守るのは大変結構なことなのだけれど、私は4年間AV業界で働いていて被害者だという女の子に会ったことがないし、むしろ仕事が欲しいのになかなか仕事がなくて悩んでいる子の方が圧倒的に多いし、本当の性被害はほとんどが適正AVの外側で起こっていて、この法律で守られるものって一体何なんだろうかと思う。しかし権力を持っていない人間にとって、大きな流れを変えることはやっぱりとても難しいので、私たちは法律に従いながら何とか活路を見出していくしかない。

話は変わるが、『チョコレートドーナツ』というずっと気になっていた映画をこの前ようやく観ることができた。1970年代のニューヨークでゲイのカップルが障がいのある子供を育てようと奮闘する映画なのだが、ゲイであることが彼らの人生にあらゆる困難を招いてしまう。まだ見てない人はぜひ一度見て欲しいのだけれど、50年前のアメリカでは同性愛者に対する偏見や差別がこんなにもあったのかということにも驚くし、それは世界中で今でも多かれ少なかれ続いていることだということも認識しなければいけない。日本において私の世代で同性愛者を偏見の目で見たり異常だと思う人はかなり少ないと思う。しかしそれは私の周りの話であって、日本で同性愛者の結婚が認められる日は近くはなさそうだし、彼らを差別的に思っている人はまだまだ沢山いる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  7. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  10. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ