ブラックジャックを探せ

在宅医療の名医(4)昔ながらの「町医者」スタイルを進化 在宅医療の第一人者 鈴木内科医院院長・鈴木央さん1/2ページ

鈴木央医師
鈴木央医師

超高齢社会の進展を背景に、在宅診療へのニーズは確実に高まっている。しかし、家庭という限られた療養環境での医療提供には、高度な技術と豊富な知識が求められるのも事実だ。そんな在宅医療の第一人者として全国的な知名度を持つのが、東京都大田区の大森にある鈴木内科医院院長の鈴木央医師だ。

前週までご紹介してきた「在宅専門医」と異なり、鈴木医師の在宅診療は、午前と午後の外来診療を診療所で行い、合間を縫って患者の自宅に往診に出かける昔ながらの「町医者」スタイル。これは診療所の創業者である父、鈴木壮一医師が実践してきた。

子供の頃から、昼夜の別なく往診カバンをさげて地域を走り回る父の姿を見ていた鈴木医師は、「いずれは自分もああなるんだろうな…」と考えていたという。

基本的に移動は、自転車である。狭い路地の多いこの地域は、車よりも自転車のほうが圧倒的に便利だ。街中を自転車で走っていると、患者や家族から声をかけられる。そのたびに鈴木医師も笑顔で応じる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「孔子学院」日本で閉鎖する大学も 米国で激減、英国では次期首相候補が閉鎖「公約」 中国の政治宣伝、諜報活動の拠点との指摘

  2. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  3. 【SPORTS BAR】17歳・馬場咲希のビッグな素顔 37年ぶり全米女子アマ制した飛距離と度胸 憧れはコルダ、渋野日向子に〝押しかけ〟ラウンドも

  4. ドイツ戦闘機群、インド太平洋で対中牽制 「多くのパートナーと同じ価値観を共有」 合同演習参加で包囲網加速

  5. 【政界マル秘紳士録】安倍派・塩谷立会長代理 安倍元首相亡き後をまとめた手腕に注目 派閥の「流動化」防げるか

  6. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】進化しない人間の本性を鮮烈に表現する2つの事件 ナンシー・ペロシ氏の訪台と幼子2人の車内放置

  7. 【日本の解き方】防衛国債の議論を火消しする〝財務省マジック〟の種明かし 財政悪化リスク少ない平和への投資

  8. 広瀬すず熱愛報道で際立った!大物カップルゴールインへの注目度 妹とは対照的、姉・広瀬アリスのオープン交際

  9. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  10. 尹大統領「日本すり寄り」に国内で猛批判 経済関係強化の思惑も…元徴用工めぐる「人権問題も解決できず、日本とどのように向かい合う」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ