勝負師たちの系譜

棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々1/2ページ

新著の「将棋・棋士の素顔――知られざる千駄ヶ谷の魔境」と「将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事」
新著の「将棋・棋士の素顔――知られざる千駄ヶ谷の魔境」と「将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事」

ここに来て将棋を指すことはないが、解説会や就位式には行きたいという将棋ファンの「観る将」、また将棋界に興味があり、本やSNSで棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」が増えてきた。

名人戦が指されているホテルで、女性だけの行列ができているから、今日は何の会があるのかと思ったら、将棋の解説会だったことを知って、驚いたことがある。

また叡王戦での「見届け人」制度は、立会人と同じように対局の開始や感想戦などを対局室で見られ、別室で棋士の解説や指導対局を受けた上に、色紙や対局した駒がもらえるスペシャルな企画で、金額も高額(3桁)だが、これに多くの女性が応募している。

そういう人のために、私は今まで何冊か出版しているが、今回紹介したいのが『将棋・棋士の素顔――知られざる千駄ヶ谷の魔境』(マイナビ出版)である。過去の本欄から抜粋し、加筆訂正したものが8割程度で、後は静岡新聞や雑誌『将棋世界』に掲載したエッセーを載せている。

私が将棋界に入って50年以上(奨励会から)の間、見聞きした棋士のエピソードや対局の裏側、また大山康晴15世名人、米長邦雄永世棋聖といった大御所から、羽生善治九段の世代まで、A級順位戦で戦っただけに、棋士の勝負観はよくわかっていて、それらを載せている。将棋界に興味のある方には、是非読んでほしい。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 習主席が自ら決断、弾道ミサイルの日本EEZ落下 国交正常化50年、中国軍2案提出も「回避案」選ばず 共同通信報道

  2. 19歳女性と連続デート、お見送り芸人しんいち〝7股中〟文春砲も「ダメージなし」の理由

  3. まさかの「8・11」に中田翔、巨人の第91代4番就任 1年前に日本ハムで無期限出場停止処分発表

  4. 沖縄周辺で中国念頭、日米の戦闘機10機が訓練 中国軍は台湾海峡での軍事圧力を常態化

  5. 【日本の解き方】旧統一教会の名称変更問題、行政を歪めたのは誰!? 問われるべき文科省の対応、官僚の裁量なくす法律通りの手続きを

  6. 【アイドルSEXY列伝】浅香唯、撮影アラーキーで「ヘアヌード展開!?」と思ったが… トップアイドルになってからも水着展開アリ

  7. 北朝鮮で脱北者家族への締め付け強化 辺境部に強制移住も

  8. 「死ぬまでやります」三遊亭円楽、脳梗塞から涙の高座復帰 高次脳機能障害を明かす

  9. 【テレビ用語の基礎知識】「第7波」 ロケやめます、とは言い出しにくい? 各局横並びで様子をうかがっている状況

  10. 【政界マル秘紳士録】茂木敏充・自民党幹事長 「ポスト岸田」一番手の課題は 「参院のドン」青木氏と関係修復、「義理と人情とやせ我慢」の習得

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ