妻との凄絶な20年ルポに共感 過食、飲酒依存、認知症…全国紙記者が出版「妻のおかげで見えるものが変わった」1/2ページ

ルポ「妻はサバイバー」(共同)
ルポ「妻はサバイバー」(共同)

平凡な生活の中、徐々にあらわになる妻の過食嘔吐。幼少期に受けたという虐待経験を背景に始まった異変は、知人からの性被害を経てさらに深刻化していく。幻覚や自殺願望にも悩まされ、陥ったアルコール依存症から40代で認知症に―。

全国紙の記者、永田豊隆さん(53)が20年にわたる凄絶な夫婦の足取りをまとめたルポ「妻はサバイバー」を4月に出版。病の当事者らを中心に「自分だけじゃない」「力をもらった」と共感を生んでいる。2018年にインターネットサイトで連載した記事に加筆した。

ルポ「妻はサバイバー」を出版した永田豊隆さん=5月、大阪市北区
ルポ「妻はサバイバー」を出版した永田豊隆さん=5月、大阪市北区

永田さんと四つ下の妻は知人の紹介で出会った。1年弱交際し1999年に結婚。専業主婦だった妻は手料理と笑顔で帰宅を迎えてくれた。3年後、過食嘔吐の摂食障害が明らかになった。

これまでも独りの時に過食していたが、隠せなくなった。大量の食料を買い込み、食べては吐く。永田さんは戸惑ったが、父親から受けたという暴力など幼少期のつらい体験を聞いており、「彼女を支えてきた行為」と理解するようにした。

しかし食費で貯金は底を突き、乱高下する感情の波をぶつけられる日々。永田さんの介抱もあり一時落ち着いたかに見えた病状は、07年ごろ、知人の男から受けた性被害を契機に悪化する。

幻覚や自殺願望にさいなまれるようになった妻。本人の意思に反し、永田さんは夫として医療保護入院に何度も同意した。日本の精神医療は〝収容主義〟と批判されるが、「やっと寝られる」と安堵したことも確かだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  5. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  6. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  7. 【青山真治の世界 リアルを探求】初のミステリー作品に薬師丸ひろ子念願の出演 裸の死体役は一瞬、小西真奈美に見えるが…「レイクサイドマーダーケース」(2005年)

  8. 【スクープ最前線】岸田政権、対中連携で米を裏切り疑惑…不信感爆発で首脳会談要望も冷淡 共同極秘作戦を情報漏洩か 沖縄県で市民団体らが反対運動開始

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ