芸能ニュース舞台裏

歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ1/1ページ

加山雄三
加山雄三

85歳、歌えるうちに辞める…。歌手で俳優の加山雄三が年内でコンサート活動から引退することを明らかにした。

「85歳まで歌えていることが類いまれで、芸能人としての生命力が強いということです。今春、ラジオパーソナリティーの大沢悠里さんが地上波ラジオ番組出演に幕を降ろしましたが、そのときも周囲に『しゃべれるうちに身を引くんだ』と漏らしていました。引き際にはその人の美学が出ますが、加山さんのように執着しないのはかっこいいですよね」とスポーツ紙の若手記者。

音楽業界関係者からは、こんな声も聞こえてきた。

「加山さんの場合、年齢的に適切な判断ですが、ライブ活動休止は周囲の仕事がなくなることを意味します。単発であれツアーであれライブはミュージシャンや音響スタッフの仕事の場。加山さん関連のスタッフは、新たな活動の場を探すことになります」

話は音楽業界のコンサートへの取り組みに及ぶ。

「サザンオールスターズがライブで大量のバックダンサーを使いますが、あれこそが音楽業界全体を活性化させ、仕事の場を創出する取り組み。コロナが落ち着いてきましたから、この夏はフェスも開催される。久しぶりに派手に、やってもらいたいものですね」(業界ウォッチャーX)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  5. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  8. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

  9. 【青山真治の世界 リアルを探求】初のミステリー作品に薬師丸ひろ子念願の出演 裸の死体役は一瞬、小西真奈美に見えるが…「レイクサイドマーダーケース」(2005年)

  10. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ