中高年の婚活Q&A

子離れできない彼女の攻略法 子供の親離れを促す1/2ページ

息子を母親から遠ざけるために男同士で出かける機会をつくる
息子を母親から遠ざけるために男同士で出かける機会をつくる

「彼女はご主人と死別して10年。子育てが一段落したのを機に、私の所属するテニスサークルに5年前に加入。結婚を意識するようになって3年になります」

そう話すのは、東京都国分寺市のSさん(49)。お相手のB子さんは50歳。2人の関係は、サークル仲間もB子さんの2人の子供も公認だったと明かす。

「B子さん親子の関係は良好で、まるで友達のような仲の良さ。サークルの打ち上げにも家族ぐるみで参加して、みんなと打ち解けていました」

しかし、そんな母子の仲の良さがあだとなり、Sさんの婚活は順風満帆とはいい難いものになったと当時を振り返る。

「どちらかというと母親が息子離れできないでいたんです。本人は否定しますが、息子が恋人みたいな存在になっていましたし、息子も世界が狭いというか、同世代の女性とデートなんてことがなかったんです」

そこでSさんは一計を案じた。息子を釣りや山登り、キャンプといったSさんの趣味のフィールドに呼び込み、息子の世界を広げることに力を注いだのだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  5. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  8. 【青山真治の世界 リアルを探求】初のミステリー作品に薬師丸ひろ子念願の出演 裸の死体役は一瞬、小西真奈美に見えるが…「レイクサイドマーダーケース」(2005年)

  9. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

  10. オープンキャンパス、相次ぎ再開 第7波の影響で大学側の判断分かれる オンラインで参加「ハイブリッド」開催も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ