エンゼルス大谷が〝大乱闘〟参戦でとった行動は!? 死球の応酬から殴り合い…両軍監督含む8人が退場 ネットでは「ボディーガード一平」の声も1/2ページ

大乱闘でもみあう両軍の中に飛び込んだ大谷(共同)
大乱闘でもみあう両軍の中に飛び込んだ大谷(共同)

エンゼルスの大谷翔平(27)が26日(日本時間27日、本拠でのマリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。2回にエンゼルス投手の与えた死球をめぐって、両軍が入り乱れる大乱闘が発生し、大谷も参戦した。エンゼルス入団後、最大級の乱闘。そのとき二刀流のスーパースターがとった行動は―。

前日からきな臭い雰囲気が漂っていたシリーズ最終戦。2回、エンゼルスの先発ワンツが初球をマリナーズの先頭打者、4番ウインカーの腰にぶつけて〝開戦〟となった。ウインカーと三塁側のエンゼルスベンチが口論になり、ウインカーが突進。故障で今季出場の取りやめが決定しているエンゼルスのレンドン内野手が応戦すると両軍のベンチ、ブルペンは空っぽになった。

今季大リーグでも最大と思われる大乱闘で、約4分間に渡ってくんずほぐれつ。一度収束した後、再び火が付いて全選手、コーチ、監督がもみあった。両軍が引き上げた後、またエンゼルスベンチからバケツが投げ込まれてウインカーがベンチから飛び出すなど、17分間の中断となった。

伏線は前日25日(同26日)の最終回。エンゼルスの主砲トラウトが頭部付近に危険球を投げられていた。エンゼルス側もこれに報復するように、この日の1回、ワンツがマリナーズのスーパールーキーのロドリゲス外野手の背中を通す危ない投球。審判団に警告を受けていた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  3. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  4. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  5. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  6. 【実況・小野塚康之 時代を越える名調子】夏の甲子園観戦記 注目の投手対決 近江vs鳴門 崩れた近江の強み〝堅守〟救う山田の三振モード・ギアチェンジ!

  7. 中国、台湾周辺での大規模演習終える ペロシ米下院議長の訪台に反発 尖閣周辺でも領海侵入…エスカレートする威嚇行動

  8. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  9. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  10. 日本人初メジャー2勝逃すも…しぶこ、涙のちスマイル!1打差3位

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ