幸せおじさん製造所

増える「女性向け風俗」 ただの性的欲求の解消だけではなく…人それぞれの「理由」1/2ページ

「女性向け風俗」って聞いたことがありますか? 近年、男性施術者が女性に対して性的サービスを行う「女性向けの風俗」が増えています。

パソコンで「女性用風俗」と検索すれば、瞬く間に地図とともにお店の名前がズラリと並ぶでしょう。中には、フランチャイズ形式の風俗店もあって、東京だけでなく地方にも広がっているようです。

かつては「女性には風俗店に行くような性欲なんてない」というイメージの決めつけもありましたが、ここ最近は徐々に女性の性欲が肯定されてきました。女性も性を楽しめるような環境になったのです。

―と、書きましたが女性が風俗へ行く「理由」は、ただの性的欲求の解消だけではないのです。人それぞれの「理由」がああります。私の身の回りで利用したことがある人に、理由を聞いてみました。

1人目は、自分の誕生日のご褒美として利用したケース。仕事に熱中していると、なかなか出会いもありません。そこで、高級マッサージと同じような感覚で、自分好みの男性と特別な日を一緒に過ごすために利用したそうです。料金システムとしては、だいたい1万円以上かかるので、自分へのちょっとしたプレゼントとして最適なのかもしれませんね。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  5. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  6. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  7. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  8. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  9. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  10. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ