週末、山へ行こう

四季折々に花が彩る展望の山、梅雨時はアジサイで石段も華やか 太平山(栃木県)標高341メートル1/2ページ

満開のアジサイに彩られるあじさい坂
満開のアジサイに彩られるあじさい坂

毎年1回は、山でアジサイのお花見をしたい。我が家から遠いけれどアクセスしやすく、はずれなく満開のアジサイに出合えるのは東京都あきる野市の南沢あじさい山。鎌倉の低山を歩き、混雑を少し我慢してアジサイが見頃の寺に立ち寄るのも好きだ。

昨年の6月半ば、栃木の太平(おおひら)山を歩いた。栃木県栃木市にそびえる、標高341メートルの山だ。山頂一帯が太平山県立自然公園となっていて、四季を通じて多くの登山者や観光客に親しまれている。

山頂直下に太平山神社があり、神社に向かう石段、通称「あじさい坂」に沿ってアジサイが植栽されている。約2500株のアジサイは、例年6月下旬から7月上旬が見頃だ。

山頂直下に立つ太平山神社の社殿
山頂直下に立つ太平山神社の社殿

花を目当てに山に出向いても、お目当てどおりに満開の花風景に出合うのは難しい。少し早過ぎたり見頃を過ぎていたりすることが多いが、昨年は文字通り「見頃」の花風景に出合えた。石段を彩る青色やピンク、白、色とりどりのアジサイに出迎えられて心が躍る。とはいえ、石段は約1000段。こころなしか、上るにつれて傾斜が上がっているような気もする。

石段は地元産の石を使って造られている

息を切らしながら太平山神社に到着。本殿でお参りをし、御朱印をいただいて山頂に向かった。山頂自体は見晴らしは今ひとつ。天気がよければ、眺望がよいもうひとつ先のピーク、晃石(てるいし)山まで足を延ばすのだが、この日は曇りで眺望が期待できない。山頂から山道を下り、謙信平に向かう。

上杉謙信が訪れて関東平野の絶景に目を見張ったという謙信平だが、今日は雲に覆われていた。残念だけど、秋の天気の良いときにまた来ればいいかと思いながら、茶店に立ち寄る。太平山では玉子焼き、焼き鳥、おだんごが三大名物となっていて、謙信平や山麓の茶店で味わえるのだ。さすがに1人で全部は食べられないぞと思いながら、おだんごをいただいた。やさしい甘みが体に、心に染み渡った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. トランプ前大統領に〝スパイ容疑〟機密文書11件を押収 「捜査は不当」と大激怒 「共和党潰し」の声も 「韓国のようで、異例ずくめ」識者

  2. 最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」

  3. 「完全食」の栄養と味の両立、どこまでパーフェクト? ジャンクフードに見えるけど… 夕刊フジ記者が実食 専門家「何か加えるなら食感あるものを」

  4. 【シニアライフよろず相談室】介護とお金(3) 要介護認定で障害者控除が受けられる可能性 認定基準などは自治体によって異なるので要注意

  5. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  6. 【芸能ニュース舞台裏】三宅一生さん死去 特徴的だったテレビ報道〝街の声〟収録場所は「表参道」

  7. 【BOOK】サブカルチャーはメディアで語るべし 映画監督・押井守さん「押井守のサブぃカルチャー70年」

  8. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

  9. 【大前研一のニュース時評】「きまじめな大統領」ラモスさんとの思い出 独裁政権を打倒した民主化革命の立役者

  10. 韓国側、岸田首相の顔に泥か!? 朴外相「日本政府も誠意を持って前向きに応じる」 元徴用工問題めぐり都合のいい情報流れる

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ