トラとら虎

近本、連続試合安打が23まで…どこまで伸ばすか 1位は2011年、マートンの30試合1/2ページ

近本は連続試合安打を23に伸ばした=26日、甲子園
近本は連続試合安打を23に伸ばした=26日、甲子園

阪神の近本光司外野手(27)は27日現在、連続試合安打数を23まで伸ばしてきた。プロ野球記録はかつて赤ヘル軍団広島で活躍した高橋慶彦さんが1979年に達成した33試合で、43年ぶりの更新まであと11試合。近本はまだまだ先は長いと無関心を装うが、ナインの間では日ごとに期待は高まっている。

記録がスタートしたのは5月28日のロッテ戦だった。打順は当初の1番から4試合目には3番に変わったが、安打が途切れることはなかった。佐藤輝、大山との新クリーンアップが機能して交流戦では12勝6敗(2位)の好成績。選手会長としてはチームの浮上が何よりうれしい。

これまでで記録上最大のピンチは6月3日の日本ハム戦だろう。第1打席から順に三振、左飛、右飛、二ゴロ併殺に倒れ、8回の猛反撃がなければ試合はそのまま終わるところだった。脅威の逆転劇のお陰で5打席目が回り、右前にダメ押しタイムリー。その他、11日のオリックス戦、17日のDeNA戦でも最終打席で安打を放つ粘りと執念。今季の近本の持ち味である。

ところで現在の23試合連続安打は、68年の藤井栄治外野手に並ぶ球団歴代6位タイにあたる。ちなみに1位は2011年、マートン外野手の30試合。以下、01年、桧山進次郎外野手28試合、1999年、大豊泰昭外野手26試合、83年、バース内野手25試合、97年、和田豊内野手24試合と続く。なかでも強く印象に残るのは史上最強の助っ人と評されたバースである。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  3. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  4. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  5. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  6. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

  7. 広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由

  8. 中国、台湾周辺での大規模演習終える ペロシ米下院議長の訪台に反発 尖閣周辺でも領海侵入…エスカレートする威嚇行動

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 日本人初メジャー2勝逃すも…しぶこ、涙のちスマイル!1打差3位

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ