2022年夏・参院選

急落!!岸田内閣の支持率 物価高・経済無策 防衛事務次官人事に岩盤保守層失望 パパ活議員にボーナス300万円でさらに逆風も1/3ページ

岸田首相に暗雲が垂れ込めはじめたのか
岸田首相に暗雲が垂れ込めはじめたのか

参院選(7月10日投開票)は、自公与党が優勢に戦いを続けている。報道各社の序盤の情勢分析では、圧勝ムードさえ漂っている。ただ、ここに来て、不安なデータも見られる。岸田文雄内閣の支持率が一部で急落しているのだ。背景には、ロシアのウクライナ侵攻を受けた円安・物価高対策をはじめ、岩盤保守層を失望させた防衛事務次官人事、醜聞を報じられた議員への対応などもありそうだ。中終盤に向けて、風向きの変化を警戒する声も上がり始めた。

「物価高に万全の体制で臨む」「憲法改正をはじめ、未来への課題に挑戦する」「歴史を画する課題を乗り越えて日本を元気にするために、政治の安定が求められる」「日本の未来を切り開けるのは自民党と公明党しかない」

岸田首相は公示後、精力的に応援演説を行い、こう訴えている。ドイツで26日午後に開幕したG7(先進7カ国)首脳会議では、中国による「力による一方的な現状変更の試み」は認められないと強調した。

夕刊フジの情勢分析を含め、現状で自公与党は順調に議席を伸ばしそうだ。ただ、異変の兆候がある。

毎日新聞の特別世論調査(25~26日実施)で、岸田内閣の支持率は41%と、5月21日実施の調査から12ポイントも急落したのだ。

読売新聞の最新世論調査(22~23日実施)でも、内閣支持率は57%と、3~5日の前回調査から7ポイント下落。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)や、共同通信の最新調査でも5ポイントほど下がっている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【日本復喝!】中国による「ステルス一帯一路」の罠 大阪港が危ない!武漢新港との「パートナーシップ港提携」めぐり物議、府議会からも懸念の声

  2. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

  3. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】高市早苗氏なら省庁の縦割りに横串を刺すことが可能 「日本として経済安保体制をどう強化するのか」期待

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  5. 土田晃之が絶叫!オードリー春日の〝モンスターぶり〟 帯レギュラーないのに上半期テレビ番組出演本数ランクで3位 「朝から夜までロケだと効率悪い」

  6. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  7. 【「1987」エンタメプレイバック】「リハウスしてきた白鳥麗子」宮沢りえの衝撃 テレビの前の視聴者をくぎ付けに

  8. 【専門家に聞く痛風予防 高尿酸血症研究最前線】江戸時代は尿酸がたまりにくかった!? 日本人の痛風発作が増え始めたのは戦後

  9. 「孔子学院」日本で閉鎖する大学も 米国で激減、英国では次期首相候補が閉鎖「公約」 中国の政治宣伝、諜報活動の拠点との指摘

  10. 【山口那津男 本音でズバッと】台湾有事に対する「構え」と「回避」の道を探る必要性 中国軍の弾道ミサイル発射に国民の8割が懸念 改造内閣は仕事で結果を

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ