テストステロンを増やす↑堀江メソッド 筋トレ&生活習慣

織田信長はテストステロンが高くなかった!? 理不尽に部下を罰したというエピソードも多数1/2ページ

歴史に名を残すほどの人物は当然テストステロンが高いと推測されます。今回は戦国武将の代表格、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人をテストステロン視点で見ていきましょう。

①徳川家康「鳴くまで待とうホトトギス」

「鳴くまで待とう」=「天下が転がり込んできた」かのように言われることもありますが、その後260年の江戸時代の礎を築いたことを考えると単なるタナボタではなく、確固たる実力があった人です。戦では常に劣勢に立たされ続けますが、それをはね返す、したたかな戦上手でした。がまんできる粘り強さは、テストステロンが高い証拠です。

一方、健康オタクの側面もあり、自分の薬は自分で調合していたそうです。オタク気質の人は実はテストステロンが高い傾向にあります。テストステロンが高いと一つの好きなことに集中して知識を得たり、得た知識をもとに何かを実行し達成感を得たいという執念が強いのです。

②豊臣秀吉「鳴かせてみせようホトトギス」

尾張の農民から、最後は天下統一を果たすわけですから、とてつもない「野心」があったと推測されます。群れの長に立つという、テストステロンの究極の欲求により、天下統一を果たしたのではないでしょうか。秀吉は褒美も領土も気前良く与えていたそうです。自分の実力で得たものを目下に「与える行為」もテストステロンを高める傾向があります。

③織田信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」

この言葉は信長の気性の激しさを表しています。信長は鉄砲の導入、楽市楽座や南蛮貿易など、新しいものにも好奇心が強い人物でした。古いしきたりを破壊することは極めて「テストステロン的」と言えます。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  3. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  4. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  5. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  6. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

  7. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  8. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  9. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  10. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ