立川志獅丸「自粛の蓄積爆発させる」 7月6日、芸歴20周年記念落語会を開催1/1ページ

落語会に向けて意気込む立川志獅丸
落語会に向けて意気込む立川志獅丸

立川流の真打ち、立川志獅丸(46)が、国立演芸場で芸歴20周年を記念した落語会を開くことになった。

志獅丸は明治大学を卒業後、大手着物専門会社で2年間のサラリーマン生活を経て立川志らくに入門し、前座名は「らく太」。2012年に二ツ目になった。

19年夏の真打ち昇進が内定していた5月、志らく主宰の芝居を手伝いに行かなかったことなどの理由で一門の二ツ目全員が前座に降格となり、再び修業が始まった。「浮足立っていたんですね。精進して一生懸命に芝居を手伝いました」。期間限定だったため、無事昇進も、前座→二ツ目→前座→真打ちという異例の〝二階級特進〟だ。

コロナ禍のため、披露興行や落語会やイベントなどの中止が相次ぎ仕事が激減。開店休業状態が続き、兄弟子の立川こしらの呼びかけで配信番組「大喜利セーフ22」がスタート。番組はエンターテインメント性よりも投げ銭で若手噺家の収入源を確保することが目的で志獅丸もメンバーに加わり、ほぼ毎日配信され222回を数えた。

再スタートの意味もこめた今公演には、コロナ禍で苦楽をともにした「大喜利セーフ22」のメンバー、こしら、鈴々舎馬るこ、桂竹千代、立川志ら門がゲスト。「ネットではなく、演芸場という空間で大喜利の面白さをリアルにお届けしたい」いう目玉企画だ。

落語は志獅丸が「井戸の茶碗」など3席。

「もう1席は『猫の皿』。手応えのあった福島・岳温泉でつくったご当地落語をかぶせた改作。志獅丸20周年での挑戦! 自粛期間中の蓄積を爆発させます」

「立川志獅丸二十周年記念落語会」は7月6日、国立演芸場で午後7時開演。問い合わせは、立川企画(03・6452・5901、平日午前10時~午後6時。info@tatekawa.jp)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  3. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  4. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  5. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  6. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  7. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 機材トラブルがNHK紅白に暗雲呼ぶ!? 〝前哨戦〟音楽番組でVTR10秒フリーズの放送事故 目玉企画・中森明菜の出演交渉も難航か

  10. 中国戦闘機10機、中間線越え10日連続 台湾への軍事圧力を常態化させる狙いか 米国は「忍耐強く効果的に対応」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ