5月、高額品伸び客足好調 全国百貨店売上高は既存店ベースで前年同月比57.8%増1/1ページ

日本百貨店協会が発表した5月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比57.8%増となり、3カ月連続で増えた。富裕層向けの高額宝飾品の販売が拡大したほか、新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)防止等重点措置の全面解除後に外出機会が増え、ゴールデンウイーク期間の物産展などの集客も好調だった。

コロナ禍前の2019年5月比では、売上高が10.5%減、来店客数が21.9%減だった。ただ訪日外国人への免税売上高を除く国内市場の売上高は、5.1%減の水準まで回復。協会の担当者は「地域によっては既にコロナ前の販売実績を上回っている店舗もある」と述べた。免税売上高は79.9%減だった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  2. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  3. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  4. 広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由

  5. 日本人初メジャー2勝逃すも…しぶこ、涙のちスマイル!1打差3位

  6. 与党内紛、物価上昇、高い貧困率…韓国・尹大統領の止まらぬ支持率低下

  7. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  8. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

  9. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  10. 【芸能ニュース舞台裏】田中聖被告、裁判官の〝顔つぶし〟保釈却下 最初の保釈直後に再逮捕「司法は甘くないですよ」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ