今から始めよう!70代まで働く健康術

要介護化を防ぐための3つの実践「身体活動」「食品摂取」「社会交流」 全てそろうと介護予防効果は顕著に高まる1/2ページ

東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チームの清野諭主任研究員
東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チームの清野諭主任研究員

年を重ねれば体力が低下し気力も衰える。腰が痛いなど体の状態がよくないと、外出することすらおっくうになりやすい。この状態から歩かない、家から出ない、食事量が減るといったパターンにはまると、その先に「フレイル」(心身の虚弱)が待ち受け、寝たきりへつながる恐れがある。

「フレイルになると要介護化リスクが高まります。それを防ぐには、①定期的な身体活動、②多様な食品摂取、③社会交流を組み合わせて実践することが大切です。70代以上になっても働き続けることは、社会交流を維持する、あるいは、身体活動量を増やすために役立つと思います」

こう話すのは、東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チームの清野諭主任研究員。今年4月、「身体活動・多様な食品摂取・社会交流 3つがそろうと介護予防効果は顕著に高まる」と題した論文を国際誌に発表した研究チームのメンバーだ。

「これまでの研究で、3つが介護予防に効果的なことは示されていましたが、組み合わせて実践することで介護予防効果がどの程度高まるのかは、明らかになっていませんでした。単独よりも3つの組み合わせで、リスクをさらに低減できることが今回の研究でわかりました」

この研究では、都内の65~84歳の男女約7800人を対象に、約4年間の追跡調査を行った。先に紹介した①~③の3つを全く実践していない群を基準とすると、3つのうち1つを実践している群では要介護化リスクが18%減、いずれか2つで35%減、3つ実践すると46%減少していた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. トランプ前大統領に〝スパイ容疑〟機密文書11件を押収 「捜査は不当」と大激怒 「共和党潰し」の声も 「韓国のようで、異例ずくめ」識者

  2. 「完全食」の栄養と味の両立、どこまでパーフェクト? ジャンクフードに見えるけど… 夕刊フジ記者が実食 専門家「何か加えるなら食感あるものを」

  3. 最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」

  4. 韓国側、岸田首相の顔に泥か!? 朴外相「日本政府も誠意を持って前向きに応じる」 元徴用工問題めぐり都合のいい情報流れる

  5. 【BOOK】サブカルチャーはメディアで語るべし 映画監督・押井守さん「押井守のサブぃカルチャー70年」

  6. 【大前研一のニュース時評】「きまじめな大統領」ラモスさんとの思い出 独裁政権を打倒した民主化革命の立役者

  7. 【勝負師たちの系譜】非公式戦の楽しみ・白瀧あゆみ杯 今や研修会では、女性の方が強いのでは

  8. 【シニアライフよろず相談室】介護とお金(3) 要介護認定で障害者控除が受けられる可能性 認定基準などは自治体によって異なるので要注意

  9. 【芸能ニュース舞台裏】三宅一生さん死去 特徴的だったテレビ報道〝街の声〟収録場所は「表参道」

  10. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ